コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重要事項説明 ジュウヨウジコウセツメイ

2件 の用語解説(重要事項説明の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうようじこう‐せつめい〔ヂユウエウジカウ‐〕【重要事項説明】

土地・建物の売買・賃貸の契約前に、物件の状況、取引条件などについての客に対する詳しい説明。国の認定する宅地建物取引主任者が主任証を見せ、口頭と書面で説明することが義務づけられている。宅地建物取引業法に規定される。
[補説]平成19年(2007)から、建築士についても、設計受託時に建築主に対する重要事項説明が義務づけられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動産用語辞典の解説

重要事項説明

取引物件の契約を締結する前に、宅地建物取引業者が宅地建物取引主任者を用いて買主または借主に、取引物件の重要な事柄を説明することを「重要事項説明」といいます。
買主または借主は、取引物件についての十分な知識をもっていないことがほとんどで、それを知らないまま契約をしてしまうと思わぬ損害を受けてしまうことがあります。
そこで宅建業法では、不動産に関する知識が十分ある取引主任者が、売買契約賃貸借契約を締結するよりも前に、重要事項の説明を義務付けています。
この重要事項説明は、取引主任者が記名押印した「重要事項説明書」という書面を相手に交付する義務があり、取引主任者は説明の際に、相手方宅地建物取引主任者証を提示しなければなりません。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重要事項説明の関連キーワード代理宅地建物取引業法宅地建物取引業宅地建物取引主任者重要事項の説明宅地建物取引業協会宅地建物取引主任者証媒介(仲介)不動産指定流通機構中途更改

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

重要事項説明の関連情報