コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野中古墳 のなかこふん

2件 の用語解説(野中古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のなかこふん【野中古墳】

大阪府藤井寺市野中にある方墳。古市古墳群中にあり,墓山古墳(全長220m余の前方後円墳)の陪冢(ばいちよう)にあたる。1辺の長さ37m,高さ4mの二段築成の墳丘で,周濠があった。1964年に多数の鉄製甲冑,草摺(くさずり),刀剣,矛,鏃,鍬,鋤,手鎌,斧と鉄鋌が,管玉,滑石製の勾玉,斧,刀子,紡錘車,砂岩製の石杵,石臼などとともに出土した。内部施設は5列に並べた細長い木櫃で,一部に人体を埋葬し,その他には副葬品をおさめていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野中古墳の関連キーワード古市古墳群大阪府藤井寺市青山大阪府藤井寺市国府大阪府藤井寺市古室大阪府藤井寺市沢田大阪府藤井寺市惣社大阪府藤井寺市津堂大阪府藤井寺市道明寺大阪府藤井寺市野中大阪府藤井寺市藤井寺

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野中古墳の関連情報