コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野中古墳 のなかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

のなかこふん【野中古墳】

大阪府藤井寺市野中にある方墳古市古墳群中にあり,墓山古墳(全長220m余の前方後円墳)の陪冢(ばいちよう)にあたる。1辺の長さ37m,高さ4mの二段築成の墳丘で,周濠があった。1964年に多数の鉄製甲冑,草摺(くさずり),刀剣,矛,鏃,鍬,鋤,手鎌,と鉄鋌が,管玉,滑石製の勾玉,斧,刀子,紡錘車,砂岩製の石杵,石臼などとともに出土した。内部施設は5列に並べた細長い木櫃で,一部に人体を埋葬し,その他には副葬品をおさめていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android