方墳(読み)ほうふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方墳
ほうふん

古墳の一形式。平面形が方形で,頂部は截頭方錐形をなす。世界各地に分布し,中国では漢代に一般的であったようであるが,日本では円墳前方後円墳に比して数は少い。古墳前期からみられ,弥生時代方形周溝墓との関連性をいう説もある。また,古墳時代後期のものもある。古墳後期のものは,各辺を方位に合せたものが一般的であるが,前期のものは,方位を考慮に入れていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

方墳【ほうふん】

墳丘の平面形が方形になる古墳で,墳墓の一形式。東アジアで発展を遂げ,中国の中山王墓や秦始皇陵は有名で,朝鮮北部の高句麗でも石塚,土塚として盛んに築かれた。島根県東部の出雲地方は方墳が特に多い地域として知られ,安来市三角縁神獣鏡が出土した古墳時代前期の造山古墳はこの時代のものとしては全国でも最大級の方墳である。日本全国に分布しており,千葉県の龍角寺岩屋古墳,群馬県の宝塔山古墳,奈良県の平野塚穴山古墳,宮崎県の常心塚古墳などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうふん【方墳】

墳墓の一形式。墳丘はふつう截頭円錘形をなす。ときに方形の造出(つくりだし)をもつものや,2,3の段をもって築かれる大型のものがある。類似の例は世界各地にみられるが,とくに東アジアで発展を遂げた。中国では,中山王墓や秦始皇陵で知られるごとく,戦国から漢代にかけて盛行し,唐代にも著しい。朝鮮では,北部の高句麗で石塚,土塚として盛んに築かれ,輯安(しゆうあん)の将軍塚のような切石段築の整美なものも生み出されたが,南部にはきわめて少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうふん【方墳】

古墳の形の一。平面図が方形あるいは長方形で、上が平らなもの。 → 古墳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方墳
ほうふん

平面形が方形の墳丘をもつ古墳。正方形および長方形のものがある。古墳時代前半期のものは墳頂平坦(へいたん)部が広いのが特徴で、首長墳のほか前期小型墳にもこの特徴を有するものが多い。5世紀代には大型前方後円墳の陪塚(ばいづか)として存在する場合が多いが、単独に中型墳としてつくられることも少なくない。7世紀代には大王墳および近畿の有力墳、前方後円墳消滅後の地方最有力墳に方墳が用いられ、近隣に7世紀代の寺院がつくられることが多い。日本列島最大の方墳は奈良県桝山(ますやま)古墳で、一辺85メートルである。[今井 尭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ふん ハウ‥【方墳】

〘名〙
① 古墳の墳形の一つ。平面形が方形で墳頂が平坦な古墳。四世紀末頃に現われ、古墳時代後期から末期に盛行するが、大規模なものが造られるのは六世紀後半以降である。用明・推古天皇陵、群馬県前橋市宝塔山古墳など。
※正法眼蔵(1231‐53)供養諸仏「又梵曰塔婆、称偸婆、此翻方墳、亦言霊廟
③ 方形の墓、墓石。
※羅山先生文集(1662)四三・林左門墓誌銘「命工削石築方墳

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の方墳の言及

【古墳】より

… 日本の古墳の墳丘は,工法からいえば,土を盛って作った土塚と,石を積みあげた積石塚とがある。形態からいえば,規模の小さい円墳方墳と,大型のものをふくむ前方後円墳前方後方墳とがあり,特定の時期にあらわれたものとして,前期の双方中円墳,中期の帆立貝式古墳,後期の双円墳および上円下方墳などがある。また,外形の種類と関係なく,古墳には周濠のないものと,周濠をめぐらすものとがある。…

※「方墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方墳の関連情報