コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村兼太郎 のむら かねたろう

2件 の用語解説(野村兼太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村兼太郎 のむら-かねたろう

1896-1960 大正-昭和時代の経済史学者。
明治29年3月20日生まれ。ヨーロッパに留学,大正14年母校慶大の教授。昭和5年社会経済史学会を組織し,のち代表理事。研究対象は西洋経済史から,しだいに江戸時代を中心とした日本経済史にうつった。学士院会員。昭和35年6月22日死去。64歳。東京出身。著作に「英国資本主義の成立過程」「村明細帳の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野村兼太郎
のむらかねたろう
(1896―1960)

経済史学者。東京・日本橋生まれる。1918年(大正7)に慶応義塾理財科を卒業、助手となる。22年から3年間ヨーロッパに留学し、帰国後、教授に就任、西洋経済史を担当した。また、社会経済史学会の創立に努力し、代表理事などを歴任した。わが国における西洋経済史研究の開拓者の1人であり、ヨーロッパとくにイギリスにおける18世紀から19世紀にかけての経済史を研究し、その成果は『英国資本主義の成立過程』(1937)、『一般経済史概論』(1940)となって結実した。その後、日本経済史に関心が移り、実証的な研究に基づいて、『徳川封建社会の研究』(1941)、『五人組帳の研究』(1943)、『村明細帳の研究』(1949)などの優れた業績を生み出した。[飯田 鼎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野村兼太郎の関連キーワード清水泰次堀経夫諸井貫一土屋喬雄赤松要手塚寿郎馬場正雄丸谷喜市宮川実三宅晴輝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone