コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢吉兵衛(6代) のざわ きちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野沢吉兵衛(6代) のざわ-きちべえ

1868-1924 明治-大正時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
慶応4年9月6日生まれ。義太夫節。6代野沢吉弥の門弟。兵三,3代吉三郎,7代吉弥をへて明治40年6代を襲名。3代竹本越路太夫の相方をつとめ,後進育成のために野沢会を組織した。大正13年6月4日死去。57歳。大坂出身。本名は松井福松。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野沢吉兵衛(6代)

没年:大正13.6.4(1924)
生年:明治1.9.6(1868.10.21)
明治大正期の文楽三味線の名手。本名松井福松。大阪市の出身で8歳で6代目吉弥に入門,兵三,3代目吉三郎,7代目吉弥を経て明治40(1907)年に吉兵衛を襲名した。長く3代目竹本越路太夫の相三味線を勤め,6代目豊沢広助,3代目鶴沢清六と三幅対と称された。品格の高い芸風で世話物にすぐれ,また野沢の一門を集めて野沢会を結成,後進の育成に努めた。<参考文献>野沢勝平事加藤善一『野沢の面影』,『義太夫年表/明治篇,大正篇』

(山田庄一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

野沢吉兵衛(6代)の関連キーワード野沢 吉兵衛(8代目)鶴沢 勘治郎(2代目)野沢 喜八郎(6代目)野沢 吉兵衛(7代目)野沢 吉兵衛(5代目)義太夫節の大夫と三味線野沢 吉二郎(3代目)竹本越路太夫(初代)野沢 語助(3代目)鶴沢 清六(3代目)野沢 吉弥(8代目)野沢 錦糸(3代目)野沢吉兵衛(5代)鶴沢友次郎(6世)野沢吉二郎(3代)野沢喜八郎(6代)鶴沢清六(3代)野沢語助(3代)野沢 松之輔竹本摂津大掾

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android