コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本津太夫 たけもとつだゆう

世界大百科事典 第2版の解説

たけもとつだゆう【竹本津太夫】

義太夫節の太夫。(1)初世(1792‐1855∥寛政4‐安政2) 4世竹本染太夫門弟。津太夫,梶太夫を経て,1825年(文政8)5世染太夫を襲名。48年(嘉永1)竹本越前大掾となる。(2)2世(1839‐1912∥天保10‐大正1) 本名桜井源助。通称法善寺。京都出身。竹本幡竜軒の子で竹本山四郎(山城掾)に入門,緑太夫から1864年(元治1)に京都道場の芝居で2世襲名,76年(明治9)から大阪松島文楽座に出勤,華麗な櫓下やぐらした)の2世越路太夫(竹本摂津大掾)に対して地味な渋い芸風で世話物にすぐれ通人に喜ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹本津太夫
たけもとつだゆう

義太夫(ぎだゆう)節の大夫。[倉田喜弘]

初世

(1792―1855)津の国屋を屋号とする2世竹本綱太夫(つなたゆう)は、その一字を京都の弟子桜川源助に贈り、津太夫と名のらせたが、のち廃業。別に3世竹本梶太夫(かじだゆう)から5世竹本染太夫を経て、1848年(嘉永1)竹本越前大掾(えちぜんのだいじょう)を受領(ずりょう)した津太夫の芸系もある。[倉田喜弘]

2世

(1839―1912)初世の孫。1864年(元治1)に京都道場(どうじょう)の芝居へ出演したのち、大坂へ下って『日吉丸稚桜』(ひよしまるわかきのさくら)三段目で好評を得る。75年(明治8)以降は文楽(ぶんらく)座へ出て、小音ながら情味のある浄瑠璃(じょうるり)を語り、2世竹本越路太夫(こしじだゆう)(後の竹本摂津大掾(せっつのだいじょう))に次ぐ地位を占めた。通称は法善寺の津太夫。[倉田喜弘]

3世

(1869―1941)2世の門弟で文太夫(ぶんだゆう)といい、1910年(明治43)、2世津太夫が引退して7世綱太夫襲名と同時に文太夫が3世を名のった。この3世は24年(大正13)から文楽座の櫓下(やぐらした)になり、豪快な語り口は「力の芸術」とたたえられた。[倉田喜弘]

4世

(1916―87)3世の子。本名村上多津二。父および豊竹山城少掾(とよたけやましろのしょうじょう)に師事し、1950年(昭和25)に4世津大夫を襲名。73年重要無形文化財保持者に認定される。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

竹本津太夫の関連キーワード竹沢 権右衛門(5代目)竹本 津太夫(2代目)野沢 吉兵衛(9代目)竹本 津太夫(4代目)豊竹 駒太夫(7代目)鶴沢 道八(1代目)鶴沢 寛治(6代目)鶴沢 綱造(4代目)竹本土佐太夫(6代)鶴沢 清六(4代目)竹本津大夫(4代)鶴沢友次郎(6代)鶴沢 道八(初代)竹本津大夫(4世)鶴沢友次郎(6世)竹本綱太夫(7代)鶴沢重造(4世)鶴沢寛治(6代)鶴沢道八(初代)鶴沢寛治(6世)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android