コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢吉兵衛 のざわきちべえ

世界大百科事典 第2版の解説

のざわきちべえ【野沢吉兵衛】

義太夫節の三味線演奏者。(1)初世(?‐1815(文化12)) 本名丹波屋吉兵衛。2世野沢喜八郎門人。吉弥,吉五郎から吉兵衛となる。1806年兵衛名禁止に伴い,一時,吉平と名乗る。(2)3世(1821‐62∥文政4‐文久2) 本名佐田屋市治郎。鶴沢文三門人で,父は初世竹本越路太夫。市治郎,2世勝鳳から,1844年(弘化1)3世をつぐ。5世竹本染太夫(初世竹本津太夫,のち越前大掾),5世竹本春太夫らを弾き,野沢中興の祖とよばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野沢吉兵衛の関連キーワード野沢 吉兵衛(7代目)野沢 吉兵衛(5代目)鶴沢 勘治郎(2代目)野沢 吉二郎(3代目)義太夫節の大夫と三味線野沢 吉兵衛(8代目)野沢 喜八郎(6代目)野沢 吉弥(8代目)野沢 錦糸(3代目)鶴沢 清六(3代目)竹本越路太夫(初代)野沢 語助(3代目)野沢喜八郎(6代)野沢吉兵衛(5代)野沢吉二郎(3代)鶴沢友次郎(6世)野沢語助(3代)鶴沢清六(3代)竹本摂津大掾野沢 松之輔

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android