コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金唐革 きんからかわ gilded ornamental leather

4件 の用語解説(金唐革の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金唐革
きんからかわ
gilded ornamental leather

革に型または打出しによって文様を浮き出させ,文様に金箔または金泥でメッキすること,またはそうしてできた製品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん‐からかわ〔‐からかは〕【金唐革】

唐草や花鳥などの模様に金泥を塗った装飾革。または、その模造品。袋物やタバコ入れなどに用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんからかわ【金唐革】

装飾革の一種。型を使って文様を革の表面に浮き上がらせ、金泥その他で彩色を施したもの。また、革に似せた紙製の模造品もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金唐革
きんからかわ

オランダを中心にヨーロッパで作られた文様を施した革で、城館や邸宅の壁面の装飾に使われた。仔牛の皮をなめし、銀箔を張った上にワニスを塗り、型押しで模様を表現し、彩色したもの。その起源はリビアに始まり、ヨーロッパに伝えられたと考えられている。14~17世紀にスペインで栄え、その後、ポルトガルイタリア、さらに、フランスベルギーオランダで生産されるようになった。オランダの金唐革は、17世紀はじめ日本へも多く伝えられ、将軍などへの贈り物とされた。ヨーロッパでは壁革として用いられたが、日本では、箱、刀の鞘(さや)、甲冑、馬具、袋物、たばこ入れ、屏風などに使われた。なかでも、富有な町人のあいだでは、金唐革のたばこ入れを持つことが流行し、多量の金唐革がオランダから持ち込まれている。大変高価であったため、日本でも作られるようになり、代表的なものに姫路革細工が知られる。また、和紙を素材とした金唐革紙(金革紙)が作られ、明治時代にはヨーロッパやアメリカなどへも輸出された。[木村重圭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金唐革の関連キーワード飾り釘装飾紙装飾美術部材アッチャカトゥーラ火焔式装飾花文字装飾装飾照明装飾果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金唐革の関連情報