コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現物取引 ゲンブツトリヒキ

百科事典マイペディアの解説

現物取引【げんぶつとりひき】

実物取引とも。取引所での売買取引の一種で,受渡期日に必ず売買物件と代金との受渡をしなければならず,転売買戻しをして差金の授受により決済することを認めない取引。清算取引または先物(さきもの)取引に対する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんぶつとりひき【現物取引】

株式の売買取引の決済において現金と株券との現物で受け渡す取引のことで,信用取引に対する言葉。清算取引に対しては実物取引というのが一般的であるが,いずれにせよ,その実態は同じである。株式取引における取引所取引は,売買してから決済されるまでの期間により,当日決済取引,普通取引発行日決済取引,特約日決済取引に分けられるが,このうち現物取引は当日決済取引,発行日決済取引,特約日決済取引のほか,信用取引以外の普通取引が含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんぶつとりひき【現物取引】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現物取引
げんぶつとりひき

売買取引の際すでに実在している商品を現物といい、現物の売買を現物取引という。現物取引には、即時渡し、直渡(じきわた)し、近日渡しがある。即時渡しは、売買契約とほぼ同時に商品を受渡しする方法で、小売取引の大部分はこれによる。直渡しは、売買契約後、2、3日中に受渡しするもので、品揃(しなぞろ)えや運送に日時を要する卸売取引に多い。これよりさらに日時を要するものを近日渡しという。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の現物取引の言及

【商品市場】より


[市場の取引形態]
 この二つの基本型に沿って市場の組織化の段階を追ってみる。最初の形は取引する商品を実際に市場に持ち込む現物取引であろう。品質が一定した商品が多く生産されるようになると,見本だけで取引する見本取引が可能になる。…

【信用取引】より

…このような信用取引により,いわゆる仮需給が証券市場に導入されると,実需給しか存在しない場合に比べて価格の急激な変動が防止され,公正な価格形成と株式取引の円滑化が促進される。このように信用取引は現物取引(信用取引に対するのが現物取引であるが,清算取引に対しては実物取引という。その実態は両者とも同じ)の補完作用をなすもので,1951年に信用取引制度が認められた意義もここにある。…

【清算取引】より

…取引所における売買取引の一種で,有価証券の清算取引と商品の清算取引とがある。実物取引(信用取引に対しては現物取引というが,実態は同じ)に対するもので,現物の引渡しのほか転売・買戻しによる差金決済もできる取引である。清算取引は現在商品取引所において先物取引という名称で行われているが,証券取引所での取引は,1945年の取引所再開に際してGHQの指示で禁止された。…

【取引所】より

…現在,取引品目は商品,証券のほか,アメリカなどでは通貨から,金利,株価指数にまで広がっている。 取引所は当初,実際にある品目の売買,〈現物取引〉の場として出現したが,手もとにない品目についても先行きの一定の時期に受け渡す約束の〈先物取引〉が生まれた。組織形態としては非営利法人と株式会社に分かれる。…

【普通取引】より

…証券用語。第2次大戦後の証券取引所における取引(取引所取引)は,戦前の清算取引が禁止されて現物取引本になった。普通取引はこの現物取引の代名詞であり,最も一般的な取引である。…

※「現物取引」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

現物取引の関連キーワード日本取引所グループ日本卸電力取引所オプション取引市場(いちば)国際金融市場金融商品会計堂島米市場米穀取引所木材市場相場会所正米取引正米市場金利裁定米穀市場才取会員先物取引信用銘柄金市場相場SQ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現物取引の関連情報