コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金森吉次郎 かなもり きちじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金森吉次郎 かなもり-きちじろう

1865*-1930 明治-昭和時代前期の治水家。
元治(げんじ)元年12月29日生まれ。金原明善(きんばら-めいぜん)の影響をうける。明治21年揖斐(いび)川の氾濫(はんらん)を契機に大垣輪中(わじゆう)の治水事業にかかわる。のち木曾(きそ)・長良(ながら)・揖斐3河川の改修,大規模な植林をすすめた。岐阜県会議員をへて,33年衆議院議員。昭和5年10月13日死去。67歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。
【格言など】この堤は君の肉,この川は君の血(江戸時代中期に木曾川治水に尽力した鹿児島藩士を顕彰したことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金森吉次郎の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎アメリカ合衆国史(年表)エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android