コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金縷玉衣 キンルギョクイ

デジタル大辞泉の解説

きんる‐ぎょくい【金×縷玉衣】

中国漢代、金糸で玉片をつづってつくった、遺体をおおう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんるぎょくい【金縷玉衣 jīn lǚ yù yī】

中国の漢代の皇帝と高級貴族が葬られるとき,すっぽりと全身を包んだ葬服で,全部が薄い玉片(4.5cm×3.5cm~1.5cm×1cm)からなり,玉片の四隅に小孔をあけて,針金状の金の撚糸で綴り合わせてある。1968年,河北省満城漢墓で,棺内から発見された中山靖王夫妻のものが有名である。靖王劉勝の玉衣は,2498枚の玉片を約1100gの金の撚糸で綴ったもので,全長が1.88mになり,頭部(前,後),胴衣(前,後),左右の腕と手,左右の脚と足の部分に分けてつくられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きんるぎょくい【金縷玉衣】

中国漢代、玉片を金糸でつなぎ合わせ衣のようにして死者の全身をおおったもの。玉匣ぎよくこう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金縷玉衣
きんるぎょくい

中国、漢代、死者に着せた玉の衣。玉匣(ぎょくこう)ともいう。名刺大の玉片を金の糸でつなぎ合わせ、鎧(よろい)のように全身を覆ったもの。玉のもつ霊力によって肉体を永遠に保たせようと願ってつくられたものと考えられる。皇帝や皇后、王侯貴族が用いたが、身分によって銀縷、銅縷の別がある。河北(かほく/ホーペイ)省満城漢墓、江蘇(こうそ/チヤンスー)省徐州土山漢墓などで発見され、完全に復原できるようになった。『前漢書』霍光(かくこう)伝をみると、金縷玉衣のほか、喪葬の具、棺や槨(かく)、柩(ひつぎ)をのせる(おんりょうしゃ)などが下賜されることを記している。[吉村 怜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金縷玉衣の言及

【玉】より

…この食玉の風習も玉の呪力を体内にとりこみ止めるという呪術に由来し,その後に長寿延命を保つ法として受け継がれたと見られる。また,死者の口に含ませる〈含玉〉や手に握らせる〈握〉など副葬の玉器〈葬玉〉,玉片を金糸銀糸で綴って死者に着せた〈金縷(きんる)玉衣〉〈銀縷玉衣〉なども,もとはやはり玉に生成力,再生力をみとめ死者の復活を願ったのが起源であろう。葬玉の風習は六朝以降廃れるが,南中国の一部の地方では近年まで死者の口に翡翠(ひすい)(硬玉)をはませていた。…

【墳墓】より

…死者が生前に身につけていた装身具をそのままつけて葬るほか,特別に衣装,装身具をつくることもある。古代中国の金縷玉衣(きんるぎよくい)はその衣装,葬玉(そうぎよく)は死者用の玉(ぎよく)である。鹿児島県種子島の弥生時代の墓地,広田遺跡で出土した貝製の装身具には,生前着用のものと埋葬用のものとが区別できる。…

【満城漢墓】より

…中国,河北省満城県城南西3kmの陵山上にある中山靖王劉勝(1号墓)と夫人竇綰(とうわん)(2号墓)の墓。1968年に発掘調査された。石灰岩の岩壁をくり抜いて築いた大規模な洞室墓で,1号墓は墓道,甬道(ようどう),南北耳室,中室,後室からなり,全長51.7mある。甬道と南耳室は馬車庫,北耳室は食・飲料庫,中室は中央に鍍金帷帳を置いた庁堂で,多数の器物が並べられていた。後室は石門で区画され,内部に板石で石屋を築き,北端に棺床を設ける。…

※「金縷玉衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金縷玉衣の関連キーワード故宮博物院[北京]吉村

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android