コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満城漢墓 まんじょうかんぼ Man-cheng Han-mu

5件 の用語解説(満城漢墓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満城漢墓
まんじょうかんぼ
Man-cheng Han-mu

中国河北省満城県西郊の陵山上で発見された2基の前漢の墓。 1968年に中国科学院考古研究所満城発掘隊によって調査された。いずれの墓も岩山に掘られた横穴で,墓道,中室,後室,南北耳室から成り,その奥行は1号墓は 51.7m,2号墓は 40mが計測されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まんじょう‐かんぼ〔マンジヤウ‐〕【満城漢墓】

中国、河北省満城県にある前漢代の古墓。武帝の兄中山王の劉勝(りゅうしょう)とその妻の墓で、玉片を金糸で綴る金縷玉衣(きんるぎょくい)をまとった遺骸を出土。1968年に発掘。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まんじょうかんぼ【満城漢墓 Mǎn chéng Hàn mù】

中国,河北省満城県城南西3kmの陵山上にある中山靖王劉勝(1号墓)と夫人竇綰(とうわん)(2号墓)の墓。1968年に発掘調査された。石灰岩の岩壁をくり抜いて築いた大規模な洞室墓で,1号墓は墓道,甬道(ようどう),南北耳室,中室,後室からなり,全長51.7mある。甬道と南耳室は馬車庫,北耳室は食・飲料庫,中室は中央に鍍金帷帳を置いた庁堂で,多数の器物が並べられていた。後室は石門で区画され,内部に板石で石屋を築き,北端に棺床を設ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まんじょうかんぼ【満城漢墓】

中国、河北省満城県にある前漢中期の墓。1968年発掘。被葬者は景帝の子中山王劉勝とその妻とみられ、玉片を金糸でつづる金縷きんる玉衣をまとう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満城漢墓
まんじょうかんぼ

1968年、中国、河北省満城県の西部、陵山の山頂近辺で、人民軍兵士が発見した漢代の古墓。第1号墓は武帝の兄、中山王の劉勝(りゅうしょう)、第2号墓はその妻、竇綰(とうわん)を葬っている。第1号墓は入口に二重の壁をつくって、その間に融鉄を流し込んで固めていた。墓室の入口には耳室が左右に配され、中室、後室も備わっている。入口から51.7メートルの地点に棺が置かれていた。壮大な宮殿という趣(おもむき)がある。副葬品も数多いが、なかでも金縷玉衣(きんるぎょくい)は逸品である。小さい玉札を綴(つづ)って頭から足まで覆う皇帝、貴族の葬服である。玉は軟玉に属するネフライトで、新疆(しんきょう)から運んだものであろう。墓の内部は現世の生活そのままに日用品などが数多く埋葬されていた。銅器では、「楚(そ)大官糟鐘(そうしょう)」は酒壺(さけつぼ)であるが、これは呉楚七国(ごそしちこく)の乱(前154)の劉戊(りゅうぼう)のものを没収し、改めて勝に与えたと考えられる。「長信宮燈」は銘(めい)に陽信家とあり、陽信侯劉(りゅうけつ)の絶家ののち、所有を転じて勝のものとなったのであろう。[好並隆司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の満城漢墓の言及

【漢代美術】より

…墓中の山岳はやはり現実の自然でなく,仙境を示すからであろう。 武帝期の大型墓には1968年,河北省満城発見の劉勝・竇綰(とうわん)墓がある(満城漢墓)。前漢の帝王陵が未調査の現在,漢朝宮廷の日常使用器物の実際をうかがう好資料である。…

【墳墓】より

…墳丘をつくらず自然の丘を利用して大規模な横穴式墓室をつくることもある。ギリシア,ミュケナイのトロス(穹窿墓(きゆうりゆうぼ))や中国の満城漢墓,唐の乾陵がその最たるものである。 墓の前に拝殿など祭祀の施設をつくることもある。…

※「満城漢墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

満城漢墓の関連キーワード河北省東陵望夫石保定開灤茨城県水戸市城南大分県大分市城南西町清陵大仏寺(中国,河北省)明-清朝の皇帝陵墓群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone