コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金茶 きんちゃ

色名がわかる辞典の解説

きんちゃ【金茶】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こいみの」としている。一般に、金色がかった明るい茶色のこと。山吹色に近い。江戸時代に染色の色として流行したとされる。和服、和装小物、風呂敷、作務衣さむえなどに用いられるほか、洋服にも合う。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐ちゃ【金茶】

金色を帯びた茶色。金茶色。
寄席などで、客のこと。
「わかだんなかぶの―といわれたけだ者が」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんちゃ【金茶】

色の名。黄の強い、明るい茶色。金色がかった茶色。金茶色。
(江戸時代の遊里などで)客。 「わかだんなかぶの-といはれたけだ者が/安愚楽鍋 魯文」 〔「巾着」の略とも「金車」の転ともいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金茶の関連キーワードコッカー・スパニエルゴールデンレトリバーガラパゴスオットセイ大野伝兵衛(8代)アンワンティボデルータ窯ブロンド珠光緞子織部緞子江戸時代金茶色風呂敷遊里色名染色和服

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android