コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩鐘 ばんしょうL'Angélus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晩鐘
ばんしょう
L'Angélus

J.F.ミレーの 1859年の作品。オルセー美術館蔵。野良仕事を終り,夕べの祈りの鐘の音に一日の感謝を捧げる夫婦の姿を描いた名画。 59年のサロンに出品され,その後アメリカに渡り開拓民の心情に合致するものとして称賛を受けたが,フランスに買戻された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

晩鐘

フランスの画家ジャン・フランソワ・ミレーの絵画(1857-59)。原題《L'Angélus》。鐘に合わせて死者のために祈りを捧げる農民の姿を描いたもの。『落ち穂拾い』とともに、日本国内で最も広く知られる西洋絵画作品の一つ。パリ、オルセー美術館所蔵。

晩鐘

佐藤愛子の長編小説。2014年刊。元夫、田畑麦彦(作中では「畑中辰彦」)と著者自身(同「藤田杉」)をモデルとする作品。2015年、第25回紫式部文学賞受賞。

晩鐘

尾花仙朔の詩集。2015年刊行。2016年、第34回現代詩人賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ばんしょう【晩鐘】

(寺院などが)夕方に鳴らす鐘の音。入り相あいの鐘。暮鐘。
アンジェラス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の晩鐘の言及

【市】より

交易・売買取引のための会同場所。市場(いちば)ともいう。いろいろな形態の市が,古代から世界のほとんどの社会に認められる。K.ポランニーによれば,人間社会の歴史全体からみると,生産と分配の過程には,三つの類型の社会制度が存在しており,古代あるいは未開の社会から現代諸社会まで,それらが単一にあるいは複合しながら経済過程の機構をつくってきた。それらは,(1)互酬reciprocity 諸社会集団が特定のパターンに従って相互に贈与しあう,(2)再分配redistribution 族長・王など,その社会の権力の中心にものが集まり,それから再び成員にもたらされる,(3)交換exchange ものとものとの等価性が当事者間で了解されるに十分なだけの安定した価値体系が成立しているもとで,個人間・集団間に交わされる財・サービス等の往復運動,の3類型であり,それぞれの類型は社会構造と密接に連関をもって存在している。…

※「晩鐘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

晩鐘の関連キーワード滋賀県大津市園城寺町カルタベロッタの和約フィリップ(3世)ミハエル[8世]近江八景(美術)ミハイル(8世)佐藤愛子(1)シチリアの晩鐘ペドロ[3世]アンジェラスナポリ王国畠山記念館星野 麦人森本 治吉女優・杏子近江八景森本治吉佐藤愛子呉 民民深川八景

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晩鐘の関連情報