コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路総合振興局 くしろ

3件 の用語解説(釧路総合振興局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧路総合振興局
くしろ

北海道東部に設置された北海道の総合出先機関。1948年制定の北海道支庁設置条例に基づき,釧路支庁として設立。2009年制定の北海道総合振興局及び振興局の設置に関する条例に基づき,現名称となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くしろ‐そうごうしんこうきょく〔‐ソウガフシンコウキヨク〕【釧路総合振興局】

釧路

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釧路総合振興局
くしろそうごうしんこうきょく

北海道庁の出先機関で、2010年(平成22)に、それまでの釧路支庁を改称・改組して設置された。組織体制および機能は地方自治法第155条に定める支庁と同格・同列で、とくに広域的な処理が効果をあげるような場合は、根室(ねむろ)振興局管内に係わる事務を所掌することができる。局所在地は釧路市。所管区域は北海道東部の釧路、厚岸(あっけし)、浜中(はまなか)、標茶(しべちゃ)、弟子屈(てしかが)、白糠(しらぬか)の6町と鶴居(つるい)村で、その面積は4634.64平方キロメートル(一部境界未定)、人口6万6151(2010)。原則として市域は所管外であるが、釧路市を含む地域を管轄下とする場合もあり、同市を含む面積は5997.39平方キロメートル(一部境界未定)、人口24万7320(2010)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釧路総合振興局の関連キーワード釧路支庁十勝北海道開発の行政組織北海道オホーツク〈総合振興局〉北海道釧路〈総合振興局〉北海道宗谷〈総合振興局〉北海道十勝〈総合振興局〉北海道根室〈振興局〉北海道日高〈振興局〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釧路総合振興局の関連情報