コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄扇 てっせん

4件 の用語解説(鉄扇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄扇
てっせん

鍛鉄 (たんてつ) を骨とした扇。戦国時代頃から軍扇の親骨を鉄でつくる風潮が起り,軍陣用,護身用に用いられたが,江戸時代になってからは主として護身用として武士が用いた。親骨だけを鉄にしたもの,中骨にも鉄を用いたもの,たたんだ形のままの総鉄づくりのものなど,その種類は多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てっ‐せん【鉄扇】

骨を鉄で作った扇。また、畳んだ扇の形を鉄で作ったもの。近世の武家の護身用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てっせん【鉄扇】

骨を鉄で作った扇。親骨だけが鉄のものと、骨全部が鉄のものとがある。近世、武家の護身具として流行した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄扇
てっせん

骨を鉄製とした扇、または畳んだ扇の形を鉄でつくったもので、近世の武家の護身用の武器を兼ねた扇である。元来、扇は、武士が威容を整えるためにつねに携帯したもので、『甲陽軍鑑』には、扇を剣として、扇切(おうぎきり)と称する武術の試合をした記事もある。携帯に便利で、威儀も兼ねた武具として、近世に考案されたものであろう。中世以前の文献にはみえず、古い遺物も確認されない。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄扇の関連キーワード鍛鉄戦国原綴さんてつくんチャート質炭酸鉄チタン鉄鉱岩大高元哲賢仲繁哲松平玄鉄平坦蹄鉄 (flat shoe)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄扇の関連情報