鉄法(読み)てつほう(英語表記)Iron Act

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1750年にイギリス議会が制定したアメリカ植民地工業の規制法。鉄条例ともいう。当時、本国鉄工業の恐るべき競合産業となりつつあった13植民地の鉄工業を、原料生産のみに限定し、加工、完成鉄製品はもっぱら本国から輸入させようとしたもの。植民地の鉄工業は銑鉄と鍛鉄の生産のみとされ、截鉄(せってつ)・圧延・鉄板・製鋼工場(第一次加工)の新設は禁止された。また、植民地産の銑鉄および棒鉄を本国に輸出する場合、関税を免除して輸出の奨励を図った。このような規制のもとでも、植民地時代末のアメリカには、溶鉱炉が82基、塊鉄炉または鍛鉄所が175あり、年間3万トンの粗鉄を生産し、イングランドとウェールズをしのいだ。

[池本幸三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1750年,イギリス議会が北アメリカ植民地における鋼鉄用溶鉱炉・圧延工場の建設を禁止した法令
本国の重商主義政策の1つで,本国製鉄業の保護をねらったもの。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android