銭苔/地銭(読み)ゼニゴケ

デジタル大辞泉の解説

ぜに‐ごけ【銭×苔/地銭】

ゼニゴケ科の苔(たい)類。湿地などに群生する。緑色の葉状体で幅約1センチ、長さ約5センチ。地をはい、二股状に分かれる。雌雄異株。傘状の生殖器が上に伸び、雄器托は円盤状、雌器托は手のひら状に裂ける。また葉状体表面の杯状の部分に無性芽を生じて増える。
ゼニゴケ科のコケの総称。また、葉状体のコケをいうこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜにごけ【銭苔】

苔類ゼニゴケ科のコケ植物。各地の湿った日陰地に群生。幅1センチメートル 内外の濃緑色の葉状体で、叉状さじように分岐する。雌雄異株。春から秋、葉状体の先に円盤状の雄器托または掌状に深裂した雌器托をつけ胞子を形成する。また、葉状体の中央脈上に杯状の無性芽器をつけ、無性芽でも盛んに繁殖する。地銭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

銭苔 (ゼニゴケ)

学名:Marchantia polymorpha
植物。ゼニゴケ科のタイ類

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android