苔/蘚/蘿(読み)コケ

デジタル大辞泉の解説

こ‐け【×苔/×蘚/×蘿】

《「木(こ)毛(け)」の意という》蘚(せん)類苔(たい)類などのコケ植物や、地衣類シダ類種子植物のごく小形のものなどの総称湿地岩石樹木などに生え、葉状または丈の低い草状をしている。

たい【苔】[漢字項目]

人名用漢字] [音]タイ(漢) [訓]こけ
下等植物の名。コケ。「青苔蘚苔(せんたい)
コケ状のもの。「舌苔
[難読]海苔(のり)

たい【苔】

綱淵謙錠(つなぶちけんじょう)の時代小説。同作を表題作とする小説集は昭和48年(1973)刊行。作品は、明治維新の頃に起きた士族反乱未遂事件、「思案橋事件」を主題とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こけ【苔】

〔「木毛」の意という〕 古木・湿地・岩石などにへばりつくように生える、たけの低い植物。蘚苔類・地衣類・緑藻など。こけら。 → こけ植物
(北陸地方で)きのこ。
[句項目] 苔が生える

こけら【苔】

こけ(苔)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苔 (コケ)

植物。松茸・椎茸・湿地など大型菌類の総称。キノコの別称

苔 (コケ)

植物。苔類,地依類などの総称

苔 (コケ)

植物。サルオガセ科の植物の総称。サルオガセの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android