コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苔/蘚/蘿 コケ

5件 の用語解説(苔/蘚/蘿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐け【×苔/×蘚/×蘿】

《「木(こ)毛(け)」の意という》蘚(せん)類苔(たい)類などのコケ植物や、地衣類シダ類種子植物のごく小形のものなどの総称。湿地や岩石・樹木などに生え、葉状または丈の低い草状をしている。

たい【苔】[漢字項目]

人名用漢字] [音]タイ(漢) [訓]こけ
下等植物の名。コケ。「青苔蘚苔(せんたい)
コケ状のもの。「舌苔
[難読]海苔(のり)

たい【苔】

綱淵謙錠(つなぶちけんじょう)時代小説。同作を表題作とする小説集は昭和48年(1973)刊行。作品は、明治維新の頃に起きた士族反乱未遂事件、「思案橋事件」を主題とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こけ【苔】

〔「木毛」の意という〕 古木・湿地・岩石などにへばりつくように生える、たけの低い植物。蘚苔類・地衣類・緑藻など。こけら。 → こけ植物
(北陸地方で)きのこ。
[句項目]

こけら【苔】

こけ(苔) 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苔/蘚/蘿の関連キーワード卯月切れ字十八字毛茸填すさしゃん・すとりよろ・う濁り酒/おり酒