コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光蘚 ヒカリゴケ

3件 の用語解説(光蘚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐ごけ【光×蘚】

ヒカリゴケ科のコケ。中部地方以北の山中の洞穴などに生え、高さ1センチほど。原糸体がレンズ状の細胞からなり、光線を反射する。長野県佐久市・埼玉県吉見町・皇居などのものは天然記念物ヨーロッパ北アメリカにも産する。
[補説]書名別項。→ひかりごけ

ひかりごけ[書名]

武田泰淳中編小説。昭和29年(1954)「新潮」誌に発表。同年刊行の作品集「美貌の信徒」に収録。第二次大戦中に北海道で起こった人肉食事件と、その裁判をモチーフとする。平成4年(1992)、熊井啓監督・脚色により映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひかりごけ【光蘚】

せん類ヒカリゴケ科のコケ植物。洞穴や倒木の根元などに生育。植物体は小形で、披針形の葉が左右二列につく。原糸体は球形の細胞から成り、光を屈折して緑色に光る。埼玉県吉見町の百穴、長野県佐久市のものは天然記念物。
書名(別項参照)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光蘚の関連キーワード色丹草蛇苔栂桜針鯒山艾赤鵙馬杉蘚千島石菖八丈菜ヒカリゴケ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone