コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錆びる/銹びる サビル

デジタル大辞泉の解説

さ・びる【×錆びる/×銹びる】

[動バ上一][文]さ・ぶ[バ上二]《「寂びる」と同語源》
金属の表面に錆が生じる。「―・びた釘(くぎ)」
能力・働きが鈍くなってだめになる。「運動不足でからだが―・びてきた」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さびる【錆びる】

( 動上一 ) [文] バ上二 さ・ぶ
〔「寂びる」と同源〕
金属の表面が酸化してさびができる。 「真っ赤に-・びたナイフ」
声に渋みを帯びる。 「室へやから、『お兼何だい?』と-・びた女の声/魔風恋風 天外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

錆びる/銹びるの関連キーワードベンジャミン鉱(データノート)硫テルル蒼鉛鉱(データノート)カーロール鉱(データノート)ハウエル鉱(データノート)アンドル鉱(データノート)ホセ鉱A(データノート)輝銀銅鉱(データノート)紅安鉱(データノート)雲州忠善刃物錆・銹・鏽ジャルパ鉱リンネ鉱ヘッス鉱反応速度リン脂質重量鉄骨輝銀銅鉱脂肪酸金属同源

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android