コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錯語 さくごparaphasia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錯語
さくご
paraphasia

失語症にみられる症状で,誤った言語を用いる現象をいう。字性錯語語性錯語とがあり,前者単語の構成障害で,一つの言葉の語音置換脱落など,後者は単語の選択や使用法の誤りで,まったく別の語を使う場合をいう。実際には両者が混在して現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さくご【錯語 paraphasia】

話し言葉で意図した言葉と別の誤った言葉をしゃべり,間違いに気づかない現象をいう。保続perseveration(一度発した言葉や動作を,その後の質問や命令に際し,内容に関係なく繰り返す現象)とともに,感覚失語や伝導失語にみられる。これらの失語症では,表現しようとする言葉のイメージ(言語心像)を的確に頭のなかに思い浮かべる機能が障害されているために(内言語障害),間違った言葉が浮かんでしまう。しかも,通常は頭に浮かんだ言葉をその音響像で正誤照合をするのだが,この機能も損なわれているので,誤った言葉が口からでても,その誤りに気づかない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さくご【錯語】

〘心〙 表出される語が誤っていること。失語症の症状の一つで、音韻の誤りや別の語への置き換えのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

錯語の関連キーワード側頭葉症候群話し言葉音韻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android