鍋焼(き)饂飩(読み)ナベヤキウドン

デジタル大辞泉の解説

なべやき‐うどん【鍋焼(き)××飩】

うどんを、小さい土鍋で、かまぼこ・エビ・卵・野菜などの具とともに煮込んだもの。鍋からじかに食べる。 冬》「郭(くるわ)の夜更けて―かな/月斗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なべやき‐うどん【鍋焼饂飩】

〘名〙 小さい土鍋でうどんを煮たもの。その鍋からじかに食べる。ふつう、かまぼこ・肉・野菜などをその上に加える。多くは冬の夜に街頭を売り歩いた。なべやき。《季・冬》
※読売新聞‐明治一四年(1881)一二月二六日「近ごろは鍋焼饂飩が大流行で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android