コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐃鈸 ニョウハチ

デジタル大辞泉の解説

にょう‐はち〔ネウ‐〕【××鈸】

法会(ほうえ)に用いる2種の打楽器、鐃と。主として鈸をいう。にょうはつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にょうはち【鐃鈸】

〘仏〙 中央がくぼんだ銅製の皿状の物を二枚打ち合わせて音を出すシンバルのような楽器。法会の際などに用いる。にょうばつ。鈸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


にょうばつ

東アジアのシンバル系体鳴楽器。青銅または銅製の膨らんだ円盤を二枚打ち合わせたり、こすり合わせて鳴らす。それぞれの中央に紐(ひも)がついていて保持しやすいようにできている。こするときに、両手とも回す場合を諸(もろばつ)、右手だけを回す場合を片(かたばつ)といい、その使い分けは仏式の宗派によって異なる。大形のものは・鉢・銅・銅盤、小形のものは銅(どうばつし)・銅拍子(どびょうし)・土拍子(どびょうし)・妙鉢・手平金(てびらがね)・ちゃっぱなどと呼称される。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鐃鈸の関連キーワードじゃらんぽん銅拍子単調子山口法会銅鈸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android