コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡の原子模型 ながおかのげんしもけい

2件 の用語解説(長岡の原子模型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長岡の原子模型
ながおかのげんしもけい

1903年に長岡半太郎が提唱したもの。原子は土星のように,中心に正電荷の塊があり,負電荷はそのまわりに環のようになって存在すると考える。この考えは,必ずしも満足すべきものではなかったが,のちに E.ラザフォード太陽系に似た原子模型 (ラザフォードの原子模型 ) のヒントになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

長岡の原子模型【Nagaoka atom model】

1904年に長岡半太郎が提案した原子模型.原子は中心に質量の大きな原子核をもち,その周囲に電子が軌道運動をしているというモデル.1911年にラザフォードが実験によってこのモデルが正しいという根拠を与えたが,原子核の大きさははるかに小さいものとなった.後のボーアそのほかの原子模型の素地を提供したといえる.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

長岡の原子模型の関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone