コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長掌筋 ちょうしょうきん

1件 の用語解説(長掌筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長掌筋
ちょうしょうきん

ヒトの前腕屈筋の一種。上腕骨の内側上顆 (下端内側の突出部) から起り,細長い腱となって手掌中央部に扇形に広がる腱膜に移行する。正中神経によって支配され,手根部を曲げ,同時に手掌の腱膜を引く働きをするので,物を握る際に有効であるといわれるが,欠如しても機能的にはほとんど障害がない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長掌筋の関連キーワード屈筋上腕骨上顆炎上肢骨前腕骨内側上顆骨端核障害内側上顆骨端線離開上腕骨体 (body of humerus, corpus humeri, shaft of humerus)上腕骨顆 (condyle of humerus [pl. condylus humeri])前腕骨格 (skeltons of antebrachium [forearm])

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone