コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長掌筋 ちょうしょうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長掌筋
ちょうしょうきん

ヒトの前腕屈筋の一種。上腕骨の内側上顆 (下端内側の突出部) から起り,細長い腱となって手掌中央部に扇形に広がる腱膜に移行する。正中神経によって支配され,手根部を曲げ,同時に手掌の腱膜を引く働きをするので,物を握る際に有効であるといわれるが,欠如しても機能的にはほとんど障害がない。欠如の頻度は,日本人と黒人で数%,白人は数十%である。 (→筋の変異 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報