コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開元・天宝の治 かいげん・てんぽうのち Kai-yuan Tian-bao zhi zhi; Kai-yüan T`ien-pao chih chih

1件 の用語解説(開元・天宝の治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開元・天宝の治
かいげん・てんぽうのち
Kai-yuan Tian-bao zhi zhi; Kai-yüan T`ien-pao chih chih

中国,唐朝第6代玄宗の治世 (713~756) をその年号,開元,天宝にちなんで呼ぶ。祖母則天武后以来韋后らに及ぶ女人政治を排し,内乱を平定した玄宗は,姚崇 (ようすう) ,宋 璟 (そうえい) ,張説らの賢相に助けられ,括戸 (かっこ) を実施して担税戸口を増加登録し,府兵制の崩壊に対処して中央軍制を立直し,また節度使による辺防体制を固め,翰林,集賢院といったアカデミーを整備して文運を隆昌に導き,唐の極盛期とともに中国古代文化の最盛期をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開元・天宝の治の関連キーワード高力士楊貴妃開元開元の治玄宗唐朝六祖延喜の治延喜・天暦の治李泌

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone