コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姚崇 ようすうYao Chong; Yao Ch`ung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姚崇
ようすう
Yao Chong; Yao Ch`ung

[生]永徽1(650)
[没]開元9(721).9.3. 洛陽
中国,唐の名相。陝州 (河南省陝県) の人。本名は元崇。字は元之。則天武后の時代に才能を認められて要官を歴任し,次いで中宗,睿宗から玄宗の初期にかけてしばしば宰相となり,国政を粛正し,民生の安定に努めた。開元4 (716) 年引退し,跡を宋 璟 (えい) が引継いだ。「開元の治」 (→開元・天宝の治 ) をもたらした功臣とたたえられ,「姚」はの名相の代名詞となった。仏教,道教の尊崇される時勢にもかかわらず,「僧侶や道士を招くな」と遺言したのは有名な逸話。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようすう【姚崇 Yáo Chóng】

650‐721
中国,唐代の名相。陝州硤石(河南省)の人。契丹対策で則天武后に認められて宰相となり,睿宗のとき中書令となったが,太平公主のために地方官に左遷された。玄宗が即位すると宰相に復活し,宋璟(そうえい)とともに開元の治の基をひらいた。太宗貞観期の〈房杜〉(房玄齢杜如晦)とともに〈姚宋〉と称せられて,唐代名相の代表にあげられる。奢侈や厚葬を禁じ,当時の浮華な仏教のあり方を痛烈に批判した彼の遺令は,当時の社会風潮を知るうえできわめて貴重である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姚崇
ようすう
(650―721)

中国、唐の宰相。本名は元崇。玄宗の開元の年号を避けて姚崇と改めた。陝(せん)州(河南省)の人。則天武后(そくてんぶこう)に抜擢(ばってき)されて宰相となったが、武后朝の政治の弊害是正に努め、中宗の復位にも功があった。以後、唐朝回復後の政治の公正化に努力し、玄宗朝では宋(そうえい)とともに開元の名相とされる。合理主義者でもあり、世間の迷信を排して蝗害(こうがい)駆除を断行し、また当時の仏教信仰の行きすぎにも批判的であった。[谷川道雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

姚崇の関連キーワード開元天宝時代玄宗[唐]谷川道雄狄仁傑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android