コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間人皇女 はしひとのおうじょ

4件 の用語解説(間人皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間人皇女 はしひとのおうじょ

?-665 飛鳥(あすか)時代,孝徳天皇の皇后。
舒明(じょめい)天皇・皇極天皇の皇女。天武天皇の姉。大化(たいか)元年(645)叔父孝徳天皇の皇后となる。白雉(はくち)4年天皇と兄の中大兄(なかのおおえの)皇子(天智(てんじ)天皇)が飛鳥遷都をめぐって対立すると,天皇を難波(なにわ)宮にのこし,兄や母にしたがった。子はなかった。天智天皇4年2月25日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

間人皇女

没年:天智4.2.25(665.3.16)
生年:生年不詳
7世紀の舒明天皇と皇后宝皇女(のちの皇極・斉明天皇)の皇女で,孝徳天皇の皇后。間人大后ともいう。同母の兄は天智天皇,弟に天武天皇がいる。大化1(645)年7月に立后記事がみえる。白雉4(653)年,天皇が皇太子中大兄皇子(天智)と難波宮から倭故京への遷都を巡って対立したとき,皇后は母皇極や弟大海人皇子(天武)らと共に中大兄に従って倭へ移ったために,天皇はこれを恨んで,「鉗着け吾飼ふ駒は引出せず吾飼ふ駒を人見つらむか」の歌を送った。翌年10月,皇后は皇極,中大兄,大海人らと臨終の天皇を難波宮に見舞っている。天智4(665)年3月天智天皇は亡くなった皇后のために,330人の度者を許した。6年2月皇后は母の斉明天皇と共に小市岡上陵に合葬された。天智称制の長期化の理由を,当時タブーとされていた同母兄妹(間人皇女)との恋愛関係に求める説がある。

(梅村恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はしひとのひめみこ【間人皇女】

?‐665(天智4)
孝徳天皇の皇后。父は舒明天皇,母は皇極天皇で,中大兄皇子(天智天皇)や大海人皇子(天武天皇)の妹にあたる。645年(大化1)皇后となり,遷都によって叔父にあたる孝徳天皇とともに難波に赴くが,653年(白雉4)皇女をめぐってともいわれる天皇と中大兄との不和により,中大兄らが倭京に戻るとき,天皇に従わず,兄や母とともに飛鳥河辺行宮に移った。天皇はこれを恨み皇后に歌を贈ったというが,翌年の天皇の没時に,兄や母とともに再び難波に赴いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はしひとのひめみこ【間人皇女】

?~665) 孝徳天皇の皇后。舒明天皇の皇女。母は皇極天皇。653年孝徳天皇を難波に残し、兄の中大兄皇子(天智天皇)、皇祖母命(皇極天皇)とともに飛鳥宮に移った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の間人皇女の言及

【穴穂部間人皇女】より

…欽明天皇の皇女。埿部(はつかしべ)穴穂部皇女,法隆寺金堂釈迦三尊像銘では鬼前太后とも記す。母は蘇我稲目の女小姉君(おあねのきみ)。同母の兄弟に穴穂部皇子や崇峻天皇らがいる。父を同じくし,母の同母姉の堅塩媛(きたしひめ)を母とする用明天皇の后となり,聖徳太子,来目皇子,殖栗皇子,茨田皇子を生んだ。天皇の没後,天皇と異母妹蘇我石寸名との子である田目皇子と結ばれ,佐富女王を生んだ。【勝浦 令子】…

【孝徳天皇】より

…645年(大化1)6月に甥の中大兄皇子(天智天皇)らが蘇我氏権力を打倒すると,皇極女帝の譲位をうけて即位し,中大兄皇子を皇太子とし,年号を大化と定め,同年末に都を難波の長柄豊碕宮(ながらのとよさきのみや)に移した。また中大兄皇子の妹の間人(はしひと)皇女を皇后としたが,即位以前にすでに妃の阿倍小足媛(おたらしひめ)との間に有間皇子を生んでいた。天皇の治世は改新政治の発足期で,中大兄皇子が実権を握って政治を推進したとみられるが,653年(白雉4)に至って,皇子は天皇が同意しなかったにもかかわらず,皇極上皇,間人皇后以下公卿百官人を率いて大和の飛鳥に戻った。…

※「間人皇女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

間人皇女の関連キーワード皇極天皇斉明天皇舒明天皇天武天皇糠手姫皇女石姫皇女小石姫皇女吉備姫王宝皇女橘皇女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間人皇女の関連情報