コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼杵石仏 うすきせきぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼杵石仏
うすきせきぶつ

大分県臼杵市深田および掻懐 (かいだき) にある磨崖仏。大小 59体。制作年代は平安時代後期頃。数体ずつが一群をなし,ほき,堂ヶ迫,山王山,古園などの各地に分散。古園十三仏の本尊『大日如来像』といわれる像は,藤原時代の石造彫刻の傑作。 1995年国宝に指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うすきせきぶつ【臼杵石仏】

臼杵市にある石仏群。凝灰岩の岩壁に刻まれた磨崖まがい仏群で、大日如来・阿弥陀如来など六〇体余りが現存。平安後期から鎌倉時代の作。重要文化財。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臼杵石仏
うすきせきぶつ

大分県臼杵市の中尾(なかお)、深田(ふかた)、前田(まえだ)の3地区に所在する平安時代末から室町時代にかけての石仏群。1952年(昭和27)国の特別史跡に指定された。指定名称は「臼杵磨崖仏(まがいぶつ)」。このうち中尾・深田地区の石仏群は、ホキ第1群(堂ヶ迫(どうがさこ))、ホキ第2群、山王山、古園(ふるぞの)、木原、観音の6群からなり、磨崖仏(摩崖仏とも書く)など60余躯(く)がある。前田地区には、1群のみ7躯の磨崖仏がある。
 磨崖仏は、凝灰岩の斜面を利用し、丸彫り手法により彫られている。木彫仏に類似した臼杵石仏の容姿と立体感は、日本石仏中の優品の一つといわれる。深田地区では、1976年から82年まで石仏周辺の環境整備に伴う発掘調査が臼杵市教育委員会によって実施され、石仏に関連する寺院跡の存在が確認された。
 臼杵石仏のうち、中尾・深田地区のホキ第1群、ホキ第2群、山王山、古園の石仏4群59躯は、1962年国指定重要文化財となり、95年(平成7)には石仏としては初の国宝に指定された。なお、1980~94年に保存修復工事が行われ、修復後石仏の保存施設として覆屋を設置。また、それまでは古園石仏の中尊である大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)の仏頭が地上に安置されていたが、このときの修復により仏頭は本来の位置に戻された。[菊田 徹]
『賀川光夫編『臼杵石仏 よみがえった磨崖仏』(1995・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臼杵石仏の関連キーワードヤマコ臼杵美術博物館大分県臼杵市深田大分県臼杵市阿弥陀如来賀川 光夫臼杵(市)鎌倉時代平塚運一凝灰岩閻魔王岩壁現存

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臼杵石仏の関連情報