気丈夫(読み)きじょうぶ

精選版 日本国語大辞典「気丈夫」の解説

き‐じょうぶ ‥ヂャウブ【気丈夫】

〘名〙 (形動)
① 気が強くしっかりしていること。また、そのようす。気丈
※滑稽本・七偏人(1857‐63)四「喜次さんや飛公だって余り気丈夫といふでも有めへ」
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「何(なん)ぼ気丈夫(キヂャウブ)な人でも、大病になると平生とは違ふから」
② 心配がなく安全に思うこと。心丈夫
塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉五「角右衛門が居るから大きに気丈夫に思ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気丈夫」の解説

き‐じょうぶ〔‐ヂヤウブ〕【気丈夫】

[名・形動]
気持ちがしっかりしていること。また、そのさま。気丈。「いくら気丈夫な人でも病気には勝てない」
頼りにするものがあって、心づよいこと。また、そのさま。心丈夫。「君さえいてくれたら気丈夫だ」
[類語]確り気丈心丈夫心強い気強い強い安心一安心安堵たくましい気骨気概骨っ節反骨確り闘魂覇気闘志胆力度胸糞度胸士気根性負けじ魂負けん気利かん気勝ち気強気向こう意気鼻っ柱鼻っぱし負けず嫌いファイトガッツ有望有為末頼もしい頼もしい頼り甲斐豪放磊落らいらく大船に乗ったよう鬼に金棒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android