気丈(読み)キジョウ

デジタル大辞泉の解説

き‐じょう〔‐ヂヤウ〕【気丈】

[名・形動]心がしっかりしていること。気持ちをしっかりと保つさま。気丈夫。「気丈な人」「悲しみをこらえ気丈に振る舞う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きじょう【気丈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気持ちがしっかりしている・こと(さま)。多く、危急の際にも落ち着いていることをいう。気丈夫。 「 -な女性」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐じょう ‥ヂャウ【気丈】

〘名〙 (形動)
① 心がしっかりしていること。気の強いこと。また、そのさま。気丈夫(きじょうぶ)
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)中「身共はとしより気じゃうにて、病といふ事しらね共」
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉停留所「少し心に余裕が出来るに連れて、腹の中が段々気(キヂャウ)になって来た」
② 相場がしっかりしていること。〔現代用語辞典(1925)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気丈の関連情報