気丈(読み)きじょう

精選版 日本国語大辞典「気丈」の解説

き‐じょう ‥ヂャウ【気丈】

〘名〙 (形動)
① 心がしっかりしていること。気の強いこと。また、そのさま。気丈夫(きじょうぶ)
浄瑠璃生玉心中(1715か)中「身共はとしより気じゃうにて、病といふ事しらね共」
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石停留所「少し心に余裕が出来るに連れて、腹の中が段々気(キヂャウ)になって来た」
② 相場がしっかりしていること。〔現代用語辞典(1925)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気丈」の解説

き‐じょう〔‐ヂヤウ〕【気丈】

[名・形動]心がしっかりしていること。気持ちをしっかりと保つさま。気丈夫。「気丈な人」「悲しみをこらえ気丈に振る舞う」
[類語]強い気強い気丈夫気骨気概骨っ節反骨確り心丈夫闘魂覇気闘志胆力度胸糞度胸士気根性負けじ魂負けん気利かん気勝ち気強気向こう意気鼻っ柱鼻っぱし負けず嫌いファイトガッツたくましい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android