コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪和線 はんわせん

デジタル大辞泉の解説

はんわ‐せん【阪和線】

大阪市天王寺和歌山を結ぶJR線。堺市鳳(おおとり)・高石市東羽衣間の支線を含む。昭和4年(1929)、阪和電鉄として開業。全長63キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

阪和線【はんわせん】

大阪環状線天王寺〜和歌山間ほか(支線1.7km)のJR線。営業キロ63.0km。阪和電気鉄道が建設し1930年全通,1944年国有化。大阪への通勤路線である。また,関西国際空港への輸送を担当する日根野関西空港間(11.2km)が1994年開通。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんわせん【阪和線】

大阪環状線天王寺駅から堺市をへて紀勢本線和歌山駅に至る61.3kmと,鳳~東羽衣間1.7kmの支線からなるJR西日本線。大阪と堺および和歌山を結ぶ鉄道は明治中期から建設の気運が高く,1888年大阪~堺間(のちの南海鉄道。現,南海電気鉄道)が開業し,1903年和歌山まで全通,11年には全線が電化され,関西では有数の私鉄に成長していた。これに対し30年6月,阪和電気鉄道が海岸寄りを走る南海鉄道とほぼ並行しながら天王寺~東和歌山(現,和歌山)間を開業し,南海鉄道と激しい競争を繰り広げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阪和線
はんわせん

西日本旅客鉄道の線路名称。天王寺(てんのうじ)(大阪府)―和歌山間61.3キロメートルおよび支線の鳳(おおとり)(大阪府)―東羽衣(ひがしはごろも)(大阪府)間1.7キロメートルよりなる。全線直流電化、複線(支線は電化されているが単線)。大阪―和歌山間を結ぶ京阪神圏都市間連絡線を形成するとともに、紀伊半島方面への連絡線として紀勢本線に直通する特急列車なども通過する。並走する南海電気鉄道(難波(なんば)―和歌山市間)が海岸寄りを走るのに対し、やや内陸部を走っている。1929~1930年(昭和4~5)阪和電気鉄道によって開業し、既設の南海鉄道と阪和間の所要時間をめぐって激しい競争を演じた。1940年南海鉄道に合併されて、その山手(やまて)線となったが、1944年国有化されて阪和線と称された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。沿線の都市化が進み、大阪の通勤郊外電車線としての機能も強い。日根野から関西空港線を分岐し、多くの特急・快速列車が関西空港駅へ直通する。[青木栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阪和線の関連情報