コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪谷芳郎 さかたによしろう

3件 の用語解説(阪谷芳郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阪谷芳郎
さかたによしろう

[生]文久3(1863).1.16. 岡山
[没]1941.11.14. 東京
政治家。東京帝国大学卒業後大蔵省に入り,主計局長,総務局長,大蔵次官を歴任,1906年1月,第1次西園寺公望内閣の蔵相に就任した。この間,日露戦争財政担当者としての功績に対し男爵を授けられたが,08年鉄道予算増額に対して蔵相を辞任し,12年東京市長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪谷芳郎 さかたに-よしろう

1863-1941 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
文久3年1月16日生まれ。阪谷朗廬(ろうろ)の4男。大蔵次官をへて第1次西園寺内閣の蔵相,のち東京市長,貴族院議員,専修大総長などをつとめる。また多数の団体に関係し,「百会長」とよばれた。昭和16年11月14日死去。79歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さかたによしろう【阪谷芳郎】

1863‐1941(文久3‐昭和16)
明治・大正・昭和期の財政家,政治家。岡山に儒家阪谷朗盧の四男として生まれた。渋沢栄一の女婿。1884年東京大学文学部政治理財科を卒業,直ちに大蔵省に入る。以後主計官,造幣支局長,総務局長,次官として財政の中枢を担い,その間,日清,日露戦争中の財政処理に当たる。1906年西園寺公望内閣の大蔵大臣に就任した。07年勲一等,男爵に叙せられる。退官後,東京市長を経て,17年貴族院議員に互選され,男爵議員を中心とする公正会の指導者として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阪谷芳郎の関連キーワード南次郎野村吉三郎高田早苗守屋孝蔵勝田主計財政家馬場鍈一漂泊者のアリア杉山茂丸小川郷太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阪谷芳郎の関連情報