コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪谷芳郎 さかたによしろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阪谷芳郎
さかたによしろう

[生]文久3(1863).1.16. 岡山
[没]1941.11.14. 東京
政治家。東京帝国大学卒業後大蔵省に入り,主計局長,総務局長,大蔵次官を歴任,1906年1月,第1次西園寺公望内閣蔵相に就任した。この間,日露戦争財政担当者としての功績に対し男爵を授けられたが,08年鉄道予算増額に対して蔵相を辞任し,12年東京市長となった。その後,財政通の貴族院議員として活躍する一方,浅野セメント株式会社取締役,専修大学総長などをつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪谷芳郎 さかたに-よしろう

1863-1941 明治-昭和時代前期の官僚,政治家。
文久3年1月16日生まれ。阪谷朗廬(ろうろ)の4男。大蔵次官をへて第1次西園寺内閣の蔵相,のち東京市長,貴族院議員,専修大総長などをつとめる。また多数の団体に関係し,「百会長」とよばれた。昭和16年11月14日死去。79歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。東京大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかたによしろう【阪谷芳郎】

1863‐1941(文久3‐昭和16)
明治・大正・昭和期の財政家,政治家。岡山に儒家阪谷朗盧の四男として生まれた。渋沢栄一女婿。1884年東京大学文学部政治理財科を卒業,直ちに大蔵省に入る。以後主計官,造幣支局長,総務局長,次官として財政の中枢を担い,その間,日清,日露戦争中の財政処理に当たる。1906年西園寺公望内閣の大蔵大臣に就任した。07年勲一等,男爵に叙せられる。退官後,東京市長を経て,17年貴族院議員に互選され,男爵議員を中心とする公正会の指導者として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阪谷芳郎の関連キーワード若槻礼次郎加藤復重郎乃木神社阪谷希一阪谷俊作

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android