コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿刀田高 アトウダタカシ

4件 の用語解説(阿刀田高の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あとうだ‐たかし〔アタウだ‐〕【阿刀田高】

[1935~ ]小説家。東京の生まれ。都会的なブラックユーモアと風刺をきかせた短編で評価される。短編集「ナポレオン狂」で直木賞受賞。他に「冷蔵庫より愛をこめて」「新トロイア物語」「だれかに似た人」など。平成19年(2007)より、日本ペンクラブ会長。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿刀田高【あとうだたかし】

小説家。東京生れ。早稲田大学卒業。日本推理作家協会理事長。日本文芸家協会理事。国立国会図書館に司書として勤務,退職後の1978年,直木賞候補となった《冷蔵庫より愛をこめて》でデビュー1979年,《ナポレオン狂》で直木賞,同年,《来訪者》で第32回日本推理作家協会賞短編部門,1995年,第29回吉川英治文学賞を《新トロイア物語》で受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿刀田高 あとうだ-たかし

1935- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和10年1月13日生まれ。国立国会図書館勤務のかたわら,コラム,SF,ミステリーをかく。昭和54年「来訪者」で日本推理作家協会賞,「ナポレオン狂」で直木賞。平成7年「新トロイア物語」で吉川英治文学賞。エスプリにとむブラック-ユーモア風の短編を得意とする。19年日本ペンクラブ会長。東京出身。早大卒。作品に「冷蔵庫より愛をこめて」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿刀田高
あとうだたかし
(1935― )

作家。東京生まれ。早稲田(わせだ)大学仏文科卒業。1978年(昭和53)処女短編集『冷蔵庫より愛をこめて』を刊行。同年、短編『来訪者』によって日本推理作家協会賞を、ついで短編集『ナポレオン狂』によって1979年、第81回の直木賞を受賞した。現代生活のミステリーや白昼夢を軽妙な都会的な筆致で描き、風刺と「おち」の効いたショート・ショート風の短編を得意とするブラック・ユーモリスト。『ギリシア神話』や『ガリバー旅行記』などの古典を主題にした鑑賞読本風の作品もある。[厚木 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿刀田高の関連キーワード赤江瀑重兼芳子三田誠広大藪春彦秦恒平石和鷹稲見一良入江曜子高橋昌男広瀬仁紀

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿刀田高の関連情報