コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿刀田高 アトウダタカシ

デジタル大辞泉の解説

あとうだ‐たかし〔アタウだ‐〕【阿刀田高】

[1935~ ]小説家。東京の生まれ。都会的なブラックユーモアと風刺をきかせた短編で評価される。短編集「ナポレオン狂」で直木賞受賞。他に「冷蔵庫より愛をこめて」「新トロイア物語」「だれかに似た人」など。平成19年(2007)より、日本ペンクラブ会長。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

阿刀田高【あとうだたかし】

小説家。東京生れ。早稲田大学卒業。日本推理作家協会理事長。日本文芸家協会理事。国立国会図書館司書として勤務,退職後の1978年,直木賞候補となった《冷蔵庫より愛をこめて》でデビュー,1979年,《ナポレオン狂》で直木賞,同年,《来訪者》で第32回日本推理作家協会賞短編部門,1995年,第29回吉川英治文学賞を《新トロイア物語》で受賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿刀田高 あとうだ-たかし

1935- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和10年1月13日生まれ。国立国会図書館勤務のかたわら,コラム,SF,ミステリーをかく。昭和54年「来訪者」で日本推理作家協会賞,「ナポレオン狂」で直木賞。平成7年「新トロイア物語」で吉川英治文学賞。エスプリにとむブラック-ユーモア風の短編を得意とする。19年日本ペンクラブ会長。東京出身。早大卒。作品に「冷蔵庫より愛をこめて」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿刀田高
あとうだたかし
(1935― )

作家。東京生まれ。早稲田(わせだ)大学仏文科卒業。1978年(昭和53)処女短編集『冷蔵庫より愛をこめて』を刊行。同年、短編『来訪者』によって日本推理作家協会賞を、ついで短編集『ナポレオン狂』によって1979年、第81回の直木賞を受賞した。現代生活のミステリーや白昼夢を軽妙な都会的な筆致で描き、風刺と「おち」の効いたショート・ショート風の短編を得意とするブラック・ユーモリスト。『ギリシア神話』や『ガリバー旅行記』などの古典を主題にした鑑賞読本風の作品もある。[厚木 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿刀田高の関連キーワード粉川 忠厚木

阿刀田高の関連情報