コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀籤 アミダクジ

デジタル大辞泉の解説

あみだ‐くじ【×××籤】

出費する人数に合わせて引いた平行線の一端に異なる金額を書いて隠しておき、各自が引き当てた金額を出し合う仕組みのくじ。今日では平行線の間に横線を入れることが多い。
[補説]阿弥陀仏の功徳(くどく)が平等であるからとも、もと、くじの図形が放射線状で阿弥陀仏の後光に似ているからとも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

阿弥陀籤の関連キーワード観音籤補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android