コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籤/鬮 クジ

デジタル大辞泉の解説

くじ【×籤/×鬮】

紙片や竹片などに文句や記号を記し、その一つを抜き取って、事の成否や吉凶を判断したり、当落・順番などを決めたりする方法。また、その紙片・竹片など。古くは神意をうかがうのに用いた。「―に当たる」「あみだ―」「宝―」

せん【籤】[漢字項目]

[音]セン(呉)(漢) [訓]くじ
くじ。「抽籤当籤
[補説]「籖」は俗字

ひご【×籤】

竹を細く割って削ったもの。籠(かご)や提灯(ちょうちん)の骨などに使う。竹ひご。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

籤/鬮の関連キーワード日本勧業銀行[株]林屋正蔵(初代)スクラッチカード籤・鬮・籖・孔子大当たり・大当り捻り文・拈り書駿河竹千筋細工落ち札・落札福引き・福引トトカルチョ宝くじ(籤)富くじ(籤)本能寺の変武田麟太郎矮人の観場籤運・籖運竹籤・竹籖空籤・空籖唐音統籤中川守脱

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android