コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿蘇谷 あそだに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿蘇谷
あそだに

熊本県北東部,阿蘇山カルデラ内で,中央火口丘によって二分された北半部の火口原阿蘇市に属する。南半部は中央火口丘の裾野緩斜面,北半部は平坦な旧湖底平野で,北端に急崖のカルデラ壁がある。黒川が貫流する。三日月形の谷は水田,畑,放牧地として利用。ほぼ中央部を九州横断道路 (国道 57号線) ,JR豊肥本線が通過。一の宮阿蘇神社,手野 (ての) の古墳群と国造神社,坊中の西巌殿寺,内牧の阿蘇温泉などの観光地に恵まれる。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕阿蘇谷(あそだに)


九州中央部、阿蘇カルデラ北部の火口原。東西約20km、南北約5km。標高約460~560m。北側は外輪山内壁の急崖(きゅうがい)が発達。南側は中央火口丘のゆるやかな斜面の火山麓(かざんろく)扇状地で黒(くろ)川が西流。昭和期に圃場(ほじょう)整備事業が推進され、水田などの耕地が広がる。阿蘇市内牧(うちのまき)は古くから温泉地として知られ、阿蘇登山の基地となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿蘇谷
あそだに

九州の中央に位置する阿蘇カルデラの北の火口原。別名内郷(うちごう)谷。南の安山岩類からなる中央火口丘群と、火口原の間は緩傾斜面で連なり、山裾(すそ)には中央火口丘群から供給された土砂により扇状地が発達している。また、北、東、西の安山岩質集塊岩からなる外輪内壁と火口原との間は、垂直に近い急傾斜面で、崖錐(がいすい)の発達がその斜面角度をわずかながら緩やかなものにしている。四周の斜面に源を発する小河川を集めて、阿蘇谷を西に流れる黒川は、河川勾配(こうばい)約400分の1ときわめて低く、著しく蛇行している。したがって、谷底の沖積面には湿田が多く、この解消のため、明治末期から繰り返し耕地整理が行われ、県営大規模圃場(ほじょう)整備事業(1970~1996)によって、その目的は阿蘇谷全域でほぼ達成された。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿蘇谷の言及

【阿蘇山】より

…最終期の噴出物の年代測定結果は約3万~5万年前となっていて,約3万年以前にカルデラが形成されている。カルデラ中央部の凹地は一時期湖であり,その後,中央火口丘群が噴出し,湖水は消失し,北と南にそれぞれ阿蘇谷,南郷(なんごう)谷と称する平地が出現し,現在の姿となった。阿蘇谷にはカルデラ北半部の水を集めて黒川,南郷谷にはカルデラ南半部の水を集めて白川が貫流している。…

【熊本[県]】より

…(2)阿蘇地域 阿蘇山を主体とするほぼ阿蘇郡の範囲。阿蘇谷東部の一の宮町付近は先史時代,古墳時代の遺跡の多いところで,県内最大の長目塚古墳がある。中世,阿蘇氏は阿蘇開拓の祖神健磐竜命をまつる阿蘇神社の神威を利用し肥後国に強い勢力をもっていた。…

※「阿蘇谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿蘇谷の関連キーワード阿蘇たにびと博物館阿蘇内牧[温泉]白川(熊本県)一の宮〈町〉一の宮[町]南阿蘇(村)阿蘇〈町〉阿蘇(市)矢部[町]阿蘇[町]農民運動日ノ尾峠扇状地南郷谷阿蘇氏大観峰圃場耕地白川長陽

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿蘇谷の関連情報