コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部房次郎 あべふさじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿部房次郎
あべふさじろう

[生]1868.2.11. 滋賀
[没]1937.5.12.
明治・大正・昭和期の実業家。彦根藩士,辻兼三の長男として生まれ,阿部家の養子となる。慶應義塾を卒業後,紡績事業に携わり,1904年金巾製織に専務として入社。その後,東洋紡・昭和レーヨン・裕豊紡の各社長,王子製紙・上毛電力・湖東紡の各取締役,大阪商工会議所顧問などを務め,大日本紡績連合会会長として活躍した。インドやビルマをはじめ海外への販路を開き,綿布の輸出を促進した功績は大きい。また,1931年に貴族院議員に勅選されるなど,政界でも活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部房次郎 あべ-ふさじろう

1868-1937 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応4年1月18日生まれ。金巾(かなきん)製織の発起人阿部市太郎の養子。明治37年金巾製織専務。その後の合併で大阪紡績の専務,大正3年東洋紡績設立で専務,15年社長。大日本紡績連合会委員長。昭和6年貴族院議員。昭和12年5月12日死去。70歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。慶応義塾卒。旧姓は辻。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

阿部房次郎の関連キーワード阿部孝次郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android