新古典派(読み)しんこてんは

百科事典マイペディア「新古典派」の解説

新古典派【しんこてんは】

経済学派の一つ。狭義には古典派の伝統を継ぎながら新学説を展開したA.マーシャル以後の英国の経済学派をさし,ケンブリッジ大学を中心としたのでケンブリッジ学派ともいう。広義にはオーストリア学派ローザンヌ学派なども含め近代経済学諸派の総称として用いる。ケンブリッジ学派は,限界効用学派の理論をも摂取,進化論的な経済の有機的成長という観点から経済分析に時間の要素を導入,短期では効用,長期では生産費が価値を規定するとして部分から全体の均衡への動的成長を説いたマーシャルを創始者とする。彼の学説を発展させて厚生経済学を唱道したピグー,投資政策による完全雇用を説いたケインズらがその代表的後継者である。特にケインズの理論は米国のニューディール政策の理論的支柱となり,ケインズ革命といわれるほど大きな影響を及ぼした。
→関連項目近代経済学経済学ソローパレート最適

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の新古典派の言及

【ケンブリッジ学派】より

A.マーシャルを創設者とするケンブリッジ大学中心の経済学の流れをケンブリッジ学派または(狭義の)新古典派経済学あるいは新古典学派,新古典派とよぶ。しかし普通,新古典派というときは,この学派のほかにローザンヌ学派オーストリア学派をも含めた限界分析を基礎とする均衡理論を総称することが多い。…

※「新古典派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android