コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰影法 インエイホウ

2件 の用語解説(陰影法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いんえい‐ほう〔‐ハフ〕【陰影法】

キアロスクーロ1

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いんえいほう【陰影法】

光線で物体を照らしたときに,物体の置かれた台の上にできる暗部を影shadow,物体それ自身の表面にできるものを陰shadeといい,これらを描写する絵画の技術を陰影法と呼ぶ。これは,空間内の物体を人間の目が認識した場合のビジョン(視覚)の再現に不可欠の要素である。光学と幾何学の分野には,その科学的な投影理論の図式(陰影図法)がある。ギリシアローマではすでに個体の量感を出すための陰影法があったが,ルネサンス(L.B.アルベルティ)にいたり,統一的空間内に一定の光源をもつ光線をあて,物体相互の関連と,空間内を満たす空気を表現する科学的な陰影法が発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の陰影法の言及

【光】より

…しかしその中でもバロックの彫刻は,ベルニーニ作の《聖テレサの法悦》のように,聖性の暗示,劇的効果の達成のため,周囲の現実の光を十二分に活用している。 最後に日本と中国について付言すれば,仏画や水墨山水画の場合,対象を隈取って立体感を暗示する一種の陰影法があるものの,具体的光源は想定されておらず,むしろ西洋絵画におけるような光の表現がないことが日本・中国美術の一特色であろう。ただ,桃山から江戸初期の金碧障壁画の金地の広がりは,金箔という物質に翻訳された光そのものであり,日本美術において光の効果が意識的に追求された稀有(けう)な例といえるだろう。…

※「陰影法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陰影法の関連情報