コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂氏の乱 りょしのらんLü-shi; Lü-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂氏の乱
りょしのらん
Lü-shi; Lü-shih

中国,前漢初めの呂氏一族の乱。恵帝が死ぬと生母の呂太后は摂政となって,後宮の子の少帝恭,少帝弘を帝位につけ,高祖の遺訓にそむいて呂産,呂台,呂禄,呂通を王とし,6人を列侯に封じ,さらに呂産を相国,呂禄を上将軍とするなど権力をほしいままにした。少帝弘の4 (前 180) 年呂太后が没すると,呂産らは誅されることを恐れて乱を企てた。朱虚侯劉章,斉王劉襄らは太尉周勃,丞相陳平らと討呂の意を明らかにし,呂氏一族を急襲して殺し,乱を鎮定し,代王劉恒を迎えて文帝とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょしのらん【呂氏の乱】

前漢の初め、高祖の死後皇后呂后が、一族を重用して漢朝を呂氏一族でほしいままにしたため、紀元前180年呂后が死ぬと、高祖の遺臣や劉氏一族が呂氏一族を全滅させた事件。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂氏の乱
りょしのらん

中国、前漢初期の紀元前180年、劉(りゅう)氏政権を擁護する一派が呂氏一族を誅滅(ちゅうめつ)した事件。高祖劉邦(りゅうほう)の死(前195)後、皇后であった呂后(りょこう)が親政を行い、一族の呂産(りょさん)、呂禄(りょろく)らを王侯にとりたて政治を独占した。王朝交代の危機を感じた劉章(りゅうしょう)、劉襄(りゅうじょう)らは、呂后の死後ただちに兵をおこし、宮中にて近衛(このえ)軍の兵権を握った高祖の功臣陳平(ちんぺい)、周勃(しゅうぼつ)、灌嬰(かんえい)らとともに呂氏を攻め、一族の老若男女をことごとく誅殺した。この事件後、代王劉恒(りゅうこう)(高祖の次男)が迎えられて位についた。これが文帝である。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

呂氏の乱の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)恵帝[前漢]文帝[前漢]樊かい陸賈遺臣漢朝左袒張蒼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android