コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周勃 しゅうぼつZhou Bo; Chu Po

4件 の用語解説(周勃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周勃
しゅうぼつ
Zhou Bo; Chu Po

[生]?
[没]文帝11(前169)
中国,前漢初の武将。諡は武侯。前漢の高祖劉邦と同郷で沛 (はい。江蘇省) の出身。貧窮から身を起し,劉邦の挙兵に従い,軍と戦って功を立て開国の功臣となった。劉邦の即位後,韓王信の乱や呂氏の乱の平定に尽し,文帝の擁立に功績があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐ぼつ〔シウ‐〕【周勃】

[?~前169]中国、前漢の政治家。沛(はい)(江蘇省)の人。高祖に従って戦功をあげ、のち、文帝を擁立して漢の王室の安定に功があった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうぼつ【周勃 Zhōu Bó】

?‐前169
中国,漢初の功臣。沛(はい)(現,江蘇省沛県)の人。もと薄曲(葦で作る養蚕用のしきもの)を織ったり,葬儀のために簫(しよう)を吹くなどして生計を立てていた。劉邦が挙兵すると,中涓(ちゆうけん)(侍従官)となって従軍し,秦軍と戦って手柄があった。秦が滅んで,漢・楚の抗争が始まると将軍として活躍し,項羽を破って劉邦の勝利に貢献した。漢が天下を統一したのちも,将軍として高祖劉邦を助け,燕王臧荼(ぞうと)を討って絳侯(こうこう)に封ぜられ,また韓王信,陳豨(ちんき),廬綰(ろわん)らの反乱をことごとく平定し,高祖から後事を託せる人物と信頼された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうぼつ【周勃】

?~前169) 中国、前漢の武将。沛(江蘇省)の人。劉邦(漢の高祖)を助けて漢の建国に尽力。のち呂氏の反乱を討ち文帝を擁立、丞相となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の周勃の言及

【肩】より

…ここで左肩をはだけるのは悲しみの姿態である。一方,中国では左肩を脱ぐことを袒(たん)または左袒といい,吉事にも凶事にも行ったが,前漢の将軍周勃が呂氏一族の乱を鎮めようとしたとき,軍中に令して呂氏のためにする者は右袒し,劉氏のためにする者は左袒せよと言ったところ,全軍皆左袒した(《十八史略》)ことから,それは味方することを意味するようになった。また,謝罪のため右肩をあらわにすることを肉袒という。…

※「周勃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

周勃の関連キーワードリンクローカルアドレス地方交付税給与制度ウナギ高騰スキージャンプリオネル・メッシバーゼル条約象牙の密輸クールビズ議員報酬をめぐる全国の動き

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周勃の関連情報