集合意識(読み)しゅうごういしき(英語表記)conscience collective

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集合意識
しゅうごういしき
conscience collective

É.デュルケムの用語。彼の社会的事実内実は,個人の外に存在し,個人に対して強制力をもつものである。したがって,その特徴は外在性と拘束性とに示されるが,社会的事実は客観的事物と同一ではなく,本来,観念的事実,意識的事実であるとする。これを集合意識と呼ぶ。しかしこれは個人意識に還元することはできない。それは諸個人意識より合成されたものではあるが,ひとたび集合意識となれば,別の性質が付与され,別の基本をもち,かえって個人意識に拘束を加えるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集合意識
しゅうごういしき
conscience collectiveフランス語

フランスの社会学者デュルケームによって用いられたことば。一つの社会または集団の成員たちの間に共有された諸信念、諸慣行の総体で、成員個々人の意識とは区別される固有の生命と体系をもったものをさす。共同意識ともよばれる。意識の現象である以上、集合意識は個人の内においてしか実現されないが、各人の個別的な意識とは異なるものであり、いわば「社会の心理的類型」とでもよぶべきものである。デュルケームによれば、それは個々人の意識に対しては外在的で、拘束的に作用することもあり、世代を超えて維持されるといった持続性ももっている。具体的には伝統、慣習、道徳、法律などを通して示されるもので、たとえ個人の意識に内面化されるとしても、その社会的な性格は失われないとされる。なお、社会における分業の進行とともに、集合意識の伝統的、斉一的な拘束力は弱まっていくということもデュルケームの強調した点であった。[宮島 喬]
『E・デュルケーム著、田原音和訳『現代社会学大系2 社会分業論』(1971・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集合意識の関連情報