コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史通 しつうShi-tong; Shih-t`ung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

史通
しつう
Shi-tong; Shih-t`ung

中国の史論,史評の古典。唐の史官劉知幾 (字は子玄) 撰。景竜4 (710) 年完成。全 20巻,内外編計 49編から成る。生涯を通じ官撰史書の編纂に従事した著者は,当代の修史機構や監督官のあり方に鋭い批判を加え,真の歴史書を模索した。内編ではおもに紀伝体編年体といった史書の体例を考察し,外編で古来の史籍の沿革とその得失を批評する。注釈に清の浦起竜『史通通釈』などがあり,増井経夫の邦訳もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しつう【史通】

中国、代の史論書。20巻。劉知幾(りゅうちき)著。710年成立。内編・外編に分かれ、内編では史書の体裁を、外編では史書の起源、古人の史書の得失を論じている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

史通【しつう】

中国の歴史論書。20巻。唐の劉知幾の著。710年ごろ成立。古来の史書の体裁,編集・著述の方法,史官の沿革,史書の内容などを論じ,批評を加えたもので,中国における最初の総合的な批判的史論として高く評価される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しつう【史通 Shǐ tōng】

中国,唐代の歴史家,劉知幾(りゆうちき)(661‐721)の著作。中国における最初の総合的な批判的史論として高く評価される。全体は内篇10巻36編(うち3編散佚),外篇10巻13編からなり,内篇では,古代から唐代までの史書に対し体裁,内容にわたってあらゆる角度から批判を加え,あるべき史書の姿を追求している。外篇にはおもに史官,史書の歴史および雑評があり,内篇の自説を補う形をとっているが,逸書の多い隋・唐以前の史学史を知るうえでも,貴重な資料を提供している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しつう【史通】

中国最初の史論書。二〇巻。唐の劉知幾りゆうちきの撰。710年成立。内外二篇から成り、古来からの史書の体裁、史官の沿革、史書の内容などについて論評する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

史通
しつう

中国、唐代の歴史書。著者は劉知幾(りゅうちき)。景竜4年(710)の自序がある。20巻、内篇(ないへん)36篇、外篇13篇。駢驪(べんれい)体でつづられ、歯切れのよい四六文(しろくぶん)、論理は明快である。中国古来の史書の構成、叙述を縦横に評論し、周公、孔子(こうし)、司馬遷(しばせん)、班固(はんこ)らも容赦なく批判し、侮聖の書として非難された。古今正史篇には初めて中国史学史を展開し、疑古篇には堯(ぎょう)・舜(しゅん)・禹(う)の禅譲は簒奪(さんだつ)であったと断じている。そのためあまり読まれず伝承を絶っていたが、明(みん)の嘉靖(かせい)(1522~66)、万暦(ばんれき)(1573~1619)の間に宋板(そうはん)本が発見され、翻刻されて陸深本、張之象本、張鼎思(ちょうていし)本などができ、注釈には郭孔延(かくこうえん)の評釈、王惟倹(おういけん)の訓故、黄叔琳(こうしゅくりん)の訓故補、浦起竜の通釈などがあり、清(しん)代には紀の『史通削繁』が通行した。[増井経夫]
『増井経夫訳『史通』(1981・研文出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

史通の関連キーワード邪馬台国と九州A. ミエリ越史通鑑綱目八重崎屋源六孔門の十哲禅譲・放伐稲葉 岩吉内藤 湖南松本 克平ストルーベ密田林蔵井上淑蔭高橋英樹百家争鳴新井白石文史通義読史余論安藤正次考証学古史通

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

史通の関連情報