コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離散数学 りさんすうがく discrete mathematics

2件 の用語解説(離散数学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

離散数学
りさんすうがく
discrete mathematics

非計量の分野における数学。計量とは,量を実数に写像することである。計量化可能な分野における数学の目覚ましい発展に対し,非計量の分野への数学の応用は貧弱なものであったが,近年の情報科学,特にデジタル情報処理の技術の発展とともにその応用分野は広がった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

離散数学【りさんすうがく】

微分積分学の極限に関係しない数学。すなわち〈連続の数学〉に対して離散的な構造を扱う数学。計算可能性の理論,符号理論,オートマトンの理論,計算量の理論,証明論,組合せ論などの幅広い分野が含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

離散数学の関連キーワード基数計量大匙計量器計量記念日計量装置計量タンク計量値エコノメトリック・ソサエティ《19世紀における数学の発展について》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離散数学の関連情報