コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離断性骨軟骨炎 りだんせいこつなんこつえん osteochondritis dissecans

2件 の用語解説(離断性骨軟骨炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

離断性骨軟骨炎
りだんせいこつなんこつえん
osteochondritis dissecans

軟骨下の骨組織が壊死して,軟骨とともに関節内に遊離する疾患。原因は明確でないが,外傷などが考えられる。思春期の男子に多く,約3分の1は両側性に起る。膝関節に多いが,ほかに肘関節,股関節,足関節にも生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りだんせいこつ‐なんこつえん【離断性骨軟骨炎】

関節軟骨下の骨組織が、栄養障害などの原因で壊死し、表面の軟骨とともにはがれ落ちる病変。子供、特に男子に多くみられる。肘・膝・股関節などに好発する、骨端症の一種。解離性骨軟骨炎。→少年野球肘

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の離断性骨軟骨炎の言及

【野球肘】より

…野球の投球によるひじの痛みを野球ひじと呼んでいるが,とくに熱心に練習に励んだ人にひじの障害がみられることはよく知られており,一種の使過ぎ症候群である。一般には野球の投球による各種のひじの障害を総称しているが,そのなかの一つ離断性骨軟骨炎という関節面の一部が遊離した状態になったものをchipped elbowとかbaseball elbowと呼び,野球ひじを限定した疾患のみに用いる人もある。 野球の投球という動作は,立ち上がり期から加速期を経てフォロースルー期となる,かなり複雑で無理な運動であるが,とくに加速期ではひじの内側に引張り力が働き,内側を傷めやすい。…

※「離断性骨軟骨炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

離断性骨軟骨炎の関連キーワード骨格支持組織硝子軟骨軟骨肋軟骨関節軟骨軟骨組織軟骨細胞ヒアリン(様)軟骨反復性多発軟骨炎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

離断性骨軟骨炎の関連情報