コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨端症 コッタンショウ

3件 の用語解説(骨端症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こったん‐しょう〔‐シヤウ〕【骨端症】

成長期にある骨端部が壊死(えし)を起こす病気の総称。手の月状骨のキーンベック病大腿(だいたい)骨ペルテス病脛骨(けいこつ)オスグットシュラッテル病などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

こったんしょう【骨端症】

 子どもの骨の端(骨端(こったん))は、やわらかい軟骨で、その真ん中に骨化核(こつかかく)という、骨をつくるセンターがあります。
 成長とともに、この骨端で、軟骨が外側に向かってかたい骨に変化していきます。
 なんらかの理由で、この部分の血液の循環が悪くなり、骨端核を含めて組織が腐っていく(壊死(えし)する)病気を、骨端症といいます。
 原因としては、外傷、生まれつきの素因、内分泌(ないぶんぴつ)ホルモンの異常などが考えられています。
 腕や脚(あし)の長い骨(長管骨(ちょうかんこつ))の骨端には、からだを動かすときに、主として押しつけられる力(圧迫力)がはたらきます。
 その圧迫力が悪影響をおよぼしておこる骨端症としては、大腿骨の骨頭にみられるペルテス病(「ペルテス病」)と、足の第2中足骨(だいにちゅうそくこつ)の骨頭にみられる第2ケーラー病(「第1ケーラー病/第2ケーラー病」)、短骨である舟状骨(しゅうじょうこつ)にみられる第1ケーラー病(「第1ケーラー病/第2ケーラー病」)があります。
 一方、大きな筋肉が骨についている部分には、その筋肉がはたらくときに、牽引力(けんいんりょく)が作用します。
 その牽引力の影響でおこる骨端症には、膝(ひざ)を伸ばす大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の付着部の脛骨粗面(けいこつそめん)におこるオスグッド・シュラッター病(「オスグッド・シュラッター病」)、アキレス腱(けん)の付着部におこる踵骨骨端炎(しょうこつこったんえん)(「踵骨骨端炎」)があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨端症
こったんしょう
apophysitis

成長期に多く発生する骨軟骨変化を骨端症と総称する。血行障害による骨壊死(えし)に由来するものと考えられている。骨端症の各疾患は、その発見者名を付してよばれることが多い。大腿骨(だいたいこつ)骨頭におこるペルテス病と脛骨(けいこつ)結節におこるオスグッド‐シュラッテル病が代表的なものである。このほか、足では舟状骨の第1ケーラーKoehler病、第2中足骨骨頭の第2ケーラー病、踵骨(しょうこつ)の踵骨骨端炎があり、上肢では上腕骨小頭におこるパナーPanner病、手の月状骨のキーンベック病があり、また胸腰椎(つい)にみられるカルベCalv扁平(へんぺい)椎などがあげられる。臨床症状としては、局所の疼痛(とうつう)、軽い炎症症状、関節の運動制限、筋萎縮(いしゅく)などがあげられ、ペルテス病では歩行障害(跛行(はこう))がみられる。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

骨端症の関連キーワード踵骨骨端炎こどもの日関節軟骨骨幹骨端成長板骨端 (epiphyseal)骨端炎 (apophysis)骨端線 (epiphyseal line)骨端板 (epiphyseal cartilage plate)骨端板固定 (epiphyseal stapling)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

骨端症の関連情報