コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨端症 コッタンショウ

家庭医学館の解説

こったんしょう【骨端症】

 子どもの骨の端(骨端(こったん))は、やわらかい軟骨で、その真ん中に骨化核(こつかかく)という、骨をつくるセンターがあります。
 成長とともに、この骨端で、軟骨が外側に向かってかたい骨に変化していきます。
 なんらかの理由で、この部分の血液の循環が悪くなり、骨端核を含めて組織が腐っていく(壊死(えし)する)病気を、骨端症といいます。
 原因としては、外傷、生まれつきの素因、内分泌(ないぶんぴつ)ホルモンの異常などが考えられています。
 腕や脚(あし)の長い骨(長管骨(ちょうかんこつ))の骨端には、からだを動かすときに、主として押しつけられる力(圧迫力)がはたらきます。
 その圧迫力が悪影響をおよぼしておこる骨端症としては、大腿骨の骨頭にみられるペルテス病(「ペルテス病」)と、足の第2中足骨(だいにちゅうそくこつ)の骨頭にみられる第2ケーラー病(「第1ケーラー病/第2ケーラー病」)、短骨である舟状骨(しゅうじょうこつ)にみられる第1ケーラー病(「第1ケーラー病/第2ケーラー病」)があります。
 一方、大きな筋肉が骨についている部分には、その筋肉がはたらくときに、牽引力(けんいんりょく)が作用します。
 その牽引力の影響でおこる骨端症には、膝(ひざ)を伸ばす大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の付着部の脛骨粗面(けいこつそめん)におこるオスグッド・シュラッター病(「オスグッド・シュラッター病」)、アキレス腱(けん)の付着部におこる踵骨骨端炎(しょうこつこったんえん)(「踵骨骨端炎」)があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

骨端症
こったんしょう
apophysitis

成長期に多く発生する骨軟骨変化を骨端症と総称する。血行障害による骨壊死(えし)に由来するものと考えられている。骨端症の各疾患は、その発見者名を付してよばれることが多い。大腿骨(だいたいこつ)骨頭におこるペルテス病と脛骨(けいこつ)結節におこるオスグッド‐シュラッテル病が代表的なものである。このほか、足では舟状骨の第1ケーラーKoehler病、第2中足骨骨頭の第2ケーラー病、踵骨(しょうこつ)の踵骨骨端炎があり、上肢では上腕骨小頭におこるパナーPanner病、手の月状骨のキーンベック病があり、また胸腰椎(つい)にみられるカルベCalv扁平(へんぺい)椎などがあげられる。臨床症状としては、局所の疼痛(とうつう)、軽い炎症症状、関節の運動制限、筋萎縮(いしゅく)などがあげられ、ペルテス病では歩行障害(跛行(はこう))がみられる。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

骨端症の関連キーワードオスグッドシュラッテル病第一ケーラー病離断性骨軟骨炎第二ケーラー病本島 一郎成長痛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android