コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鳴 めみょう Aśvaghoṣa

6件 の用語解説(馬鳴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬鳴
めみょう
Aśvaghoṣa

古代インドサンスクリット仏教詩人。ワーラーナシまたはサーケータで紀元 100年前後に生れたと推定される。バラモンの教養を身につけたが,のち仏教に帰依し,ついに菩薩の称号を得て,馬鳴菩薩と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めみょう〔メミヤウ〕【馬鳴】

《〈梵〉Aśvaghoṣaの訳》2世紀ごろのインドの仏教詩人。バラモンの論師から仏教に帰依し、カニシカ王の保護を受けた。技巧的なカービヤ(美文体)文学の先駆となり、叙事詩ブッダチャリタ(仏所行讚)」などの作品がある。生没年未詳。アシュバゴーシャ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

馬鳴【めみょう】

1―2世紀ごろの中インド出身の仏教論師。生没年不詳。サンスクリット名はアシュバゴーシャで,馬鳴はその漢訳。仏教音楽仏教文学の創始者的存在で,仏陀伝の傑作《ブッダチャリタ》仏所行讃)を作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めみょう【馬鳴】

2世紀ころの仏教詩人。生没年不詳。サンスクリット名アシュバゴーシャAśvaghoṣaの漢訳。中インドのサーケータ(現,アウド)出身。初めは仏教を批難するバラモンであったが,のち,大衆部(だいしゆぶ)系の一学派である多聞部(たもんぶ)に所属する比丘(びく)となった。弁舌をよくする布教家であったので弁才比丘とも呼ばれ,文学,音楽にも通じていた。カニシカ王(在位128‐153)の宗教顧問になってからは,王とともに月支国に行き,仏教をひろめ,功徳日(くどくにち)と敬称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めみょう【馬鳴】

Aśvaghosa〕 二世紀頃のインドの仏教詩人。古典サンスクリット文学の先駆者。代表作に「ブッダチャリタ(仏所行讃)」「サウンダラナンダ-カーブヤ(端麗なるナンダ)」など。アシュバゴーシャ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬鳴
めみょう

生没年不詳。100年ころの古代インドの仏教界の巨匠であり、優れた詩人・文学者。アシュバゴーシャAvaghoaの漢訳名。元来は深い学識をもつバラモンであるが、のち仏教に帰依(きえ)し、カニシカ王の尊崇を受けて仏教の発展、普及に貢献。他方、『ラーマーヤナ』の影響を受け、かつサンスクリット文学の最高峰カーリダーサの先駆者として、技巧的なカービア(美文体)文学発達の礎石となった点において、古典サンスクリット文学史上重要な位置を占める。彼には多数の著作が帰せられているが、確実に真作とされている代表的な作品は、カービア体で仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))の生涯を歌った『ブッダチャリタ』(『仏所行讃(ぶっしょぎょうさん)』)、仏陀の異母弟である美貌(びぼう)の青年ナンダ(難陀(なんだ))の改宗を描いた『サウンダラ・ナンダ・カービア』、サンスクリット劇の最初の実例とされる『シャーリプトラ・プラカラナ』である。そのほか真偽が不明ではあるが重要な作品に、古来大乗仏教の入門書として広く読まれている『大乗起信論(だいじょうきしんろん)』、四姓制度を否認する『バジュラ・スーチー』(『金剛針論(こんごうしんろん)』)、因縁(いんねん)・比喩(ひゆ)の説話集『大荘厳論経(だいしょうごんろんきょう)』、ガンディー((けんつい))の威力をたたえ仏徳を賛嘆する『ガンディー・ストートラ』(『椎梵讃(けんついぼんさん)』)などがある。[前田式子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の馬鳴の言及

【インド演劇】より

…またベーダの祭式中に民衆娯楽としての演劇的要素を認めるものもあり,古代におけるクリシュナ神の祭典,あるいは古代の人形芝居や影絵芝居などに演劇の萌芽を探り,さらにギリシア劇の影響によってインド演劇の成立を説くものもあるが,いずれも決定的な結論とは認められない。インド演劇成立の年代に関しては,文典家パタンジャリ(前2世紀)がナタ(俳優)およびシャウビカ(職業的演技者)について述べているし,また中部インドのラームガリ洞窟で発見された古代演技場遺跡とみなされるものもほぼ同時代のものといわれ,さらにアシュバゴーシャ(馬鳴(めみよう),2世紀)の仏教劇断片が中央アジアで発見されたことなどから考え,紀元前にはすでにかなり発達した演劇の形式が整っていたものとみられる。
[サンスクリット劇]
 古典劇の理論ならびに諸規定は複雑で,修辞学書もその理論に触れている。…

【インド文学】より


【中古文学(古典サンスクリット文学)】
 素朴単純なベーダの宗教文学は,中古文学にいたって内容とともに文体,措辞,韻律の方面で著しい発達をとげ,修辞と技巧を主とする繊細華麗な美文体のカービヤ文学時代を現出し,各分野にインド文学の最盛期を画した。中古文学最初の作家は仏教詩人アシュバゴーシャ(馬鳴(めみよう))である。仏伝に取材した《ブッダチャリタ》(漢訳《仏所行賛》)はその代表作で,数世紀にわたる古典文学隆昌の先駆をなしたが,20世紀初めに中央アジアから彼の仏教劇の断片が発見されたことは,古典劇最古の実例を示すものとして文学史上注目に値する。…

【大乗起信論】より

…単に《起信論》ともいう。インドの馬鳴(めみよう)の作,真諦の訳とされるが,中国撰述説を含めて諸説がある。本論は大乗仏教の中心教義を理論と実践の両面から要約したもので,序分,正宗分,流通分で構成される。…

【仏教文学】より

…しかし,仏陀を超人的存在とみなし,多くの説話や比喩を挿入するなど,パーリ語のそれとは趣を異にする。2世紀に出現した仏教詩人アシュバゴーシャ(馬鳴(めみよう))の《ブッダチャリタ(仏所行讃)》は,この傾向をいっそう推し進め,仏伝を一大文学として確立した作品で,高く評価されている。《サウンダラナンダ》《シャーリプトラ・プラカラナ》《大荘厳論経》なども馬鳴の巧みな文学的修辞によって書かれており,インド古典文学の先駆的意義をもつ文学作品として重要である。…

※「馬鳴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬鳴の関連キーワードアマル提婆ダルマキールティバーダラーヤナパドマサンババ竜樹清元斎兵衛アッパル堅田喜惣治サンバンダル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬鳴の関連情報