コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷丘(いかづちのおか) いかづちのおか

知恵蔵の解説

雷丘(いかづちのおか)

2005年11月に5世紀後半(古墳中期)の古墳跡が分かった奈良県明日香村の独立丘陵(高さ約20m)。円筒埴輪破片などが多数見つかった。万葉集日本霊異記に仮宮殿が建てられたり、雷神が落ちたりしたという歌、伝承がある。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

雷丘(いかづちのおか)の関連キーワード奈良県高市郡明日香村雷飛鳥浄御原宮飛鳥坐神社甘橿丘

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android