雷丘(いかづちのおか)(読み)いかづちのおか

知恵蔵の解説

雷丘(いかづちのおか)

2005年11月に5世紀後半(古墳中期)の古墳跡が分かった奈良県明日香村の独立丘陵(高さ約20m)。円筒埴輪破片などが多数見つかった。万葉集日本霊異記に仮宮殿が建てられたり、雷神が落ちたりしたという歌、伝承がある。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android