コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷丘(いかづちのおか) いかづちのおか

知恵蔵の解説

雷丘(いかづちのおか)

2005年11月に5世紀後半(古墳中期)の古墳跡が分かった奈良県明日香村の独立丘陵(高さ約20m)。円筒埴輪破片などが多数見つかった。万葉集日本霊異記に仮宮殿が建てられたり、雷神が落ちたりしたという歌、伝承がある。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

雷丘(いかづちのおか)の関連キーワード奈良県高市郡明日香村雷飛鳥浄御原宮飛鳥坐神社甘橿丘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android